スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三種の蛍

こんばんは~
タイトルの「三種の蛍」って、虫の蛍じゃないですよ(汗)
まだシーズンでもないしね・・・。
うちの蛍は、魚のネーミングのこと。
尾鰭の根元に、輝くポイントがあることからそう呼ばれています。
我が家にもホタルと呼ばれるカラシンが三種いましてね。
今日はそんな魚達をお見せしたいと思います♪

まずはこちら↓








20160331210621133.jpg

201603312106237f8.jpg



ファイヤーテールホタルテトラです。
去年の秋?に購入した個体で、入荷も少ない珍カラですが、敢えてここではベーシックなタイプと言っておきましょう・・・。
何故ならこのファイヤーテールホタルを購入するにあたり、ちょっとした懸念がありまして・・・。
「この魚には環境に伴った変化があるのか?」というね。
このことには昔、記事にしたことがあったのですが、その記事を読んだことがない方には何を言っているのか意味が分からないところだと思います。

次にこれをご覧下さい↓








20160331205730669.jpg



これもファイヤーテールホタルテトラで購入した個体なのですが、ベーシックタイプに見られる目の横の黒や銀のスポットがほとんど見られません。
名残のような薄い形跡はありますけどね。

体色もうっすらとしたライムグリーンで非常に美しいです♪
残念なのが、この個体。
二匹で購入していたのですが、先日綺麗な方の個体が落ちてしまいました(汗)
そちらのほうがより美しいライムグリーンを醸していたんですけどね~↓











201603312134474ee.jpg

20160331213603ffd.jpg



もしかして写真的にはあんまり変わんない?(汗)
でも実物は区別が付くくらいの差があったんだけど・・・。

ともかく。
購入した名前も同じ、カラーリング以外もほとんど同じであるがため、もしかすると環境変化を起こすのかなと思い、比較対象としてベーシックタイプを追加したわけですが、ベーシックタイプはベーシックタイプのままでした。(結論)
後者はタイプ違いと捉えていいのかな~


更に!!
このタイプ違いのファイヤーテールホタルテトラとはまた別のホタルテトラもいます↓












2016033121463019d.jpg



こちらはレッドショルダーホタルテトラ。
尾筒の蛍マークは同じながらも、先に紹介したファイヤーテールホタルテトラよりも一回り大きいです。
奇跡的に三匹揃ったところをご覧下さい↓












20160331215008901.jpg



遠近法もあるんだけど、サイズの違いは分かるかと(汗)
デカくなりすぎたピンキーテトラのことは無視してください・・・。
妙に小さく見えるファイヤーテールホタルテトラでも、ディープレッドホタルテトラに比べれば全然大きいです!

ちなみにこのレッドショルダーホタルテトラなんですけどね。
来た当初はこんな感じ↓











20160331215430490.jpg


スレンダーでなかなかのプロポーションだった魚が、今ではこうですよ↓








20160331215601e83.jpg
ごっつぁんです!!!!!









・・・。












before↓
20160331215430490.jpg



after↓
20160331215601e83.jpg
てめぇは誰だYO!!!!!!












・・・。











いや、本当に同じ魚ですよ・・・。
うちではこうなった・・・。









・・・。









遊泳魚ということもあって、ピントの合った写真を撮ろうとすると骨が折れます(汗)
そういう意味では、かなり頑張りましたよ♪
今回はそうした写真を蛍という括りでまとめて紹介しましたが、他にも比較的綺麗に撮れた写真があるので次回お見せ出来ればなと思っています♪
それでは。









本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓

にほんブログ村 観賞<br />魚ブログ 熱帯魚へ

スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

Re: タイトルなし

みゆさんこんばんは~
ファイヤーテールホタルとレッドショルダーホタルはサイズから違うので、知ってさえいれば分かりますよ(笑)

体高が出るのはハイフェソブリコン属の特徴だと思いますが、カージナルなんかのパラケイロドン属は基本的にあの体型なので、太いのはメタボでしょうね(笑)
まぁ、ちょっと他のコと違う同じ魚は個性があって可愛く見える場合もあるのではないでしょうか(笑)
餌の取り具合で違うかもですね(汗)

Re: No title

らすさんこんばんは~
金魚掬いというと、僕も同じく掬ってきた金魚を祖父が水槽で飼ってまして、結構な大きさに成長してたのを覚えています♪
5年くらい生きていたのではないでしょうか?
金魚掬いとなると、人に追い回されるわけですから、金魚の状態も良くはないでしょうね(汗)
大きくすることが出来ただけでも凄いですよ♪

あ、そうそう。
長らくお待たせした小説ですが、今二話ほど書き上げました♪
更新は熱帯魚ネタのあとになるかと思いますが、また読んで下さい!

こうして比べてもらうとわかるけど、
自分で一個体だけを見てもわからないと思う(そもそもカラシンについての知識がなさすぎるので(-_-;))

レッドショルダーホタルテトラさん、なかなかのボテッぷりですね(笑)
ネオンテトラやカージナルなんかも,小さくてシュッとしてる時は綺麗だけど、ちょくちょくボテボテになり巨大化する子がいるよね。
確かにあれは・・・可愛くない。


No title

こんばんは(^▽^)/

子供の頃に金魚すくいで獲ってきた、
今にも死にそうな金魚というよりはメダカに色がついたような貧弱な魚が逞しく生き延び、
フナぐらいの大きさまで成長したのを思い出しました。
最後はうちの小さい水槽では手に余るようになって川に逃がしてしまいました。

Re: うーん

Craftさんこんばんは~
あれ~
見分けが分かりづらいですか(汗)
一般的に普及しているディープレッドホタルなんかは属そのものが違うので、比較出来ればもっと分かりやすかったかも知れないですね~
うちにいないのであれですが(汗)

でもcraftさんの仰る通りですね(笑)
そうした微妙な違いが目を引く部分だったりするのがマニアなのかもしれませんね(笑)

ホタルテトラは僕的にはナイスネーミングだと思いますが、誰が付けたかまでは(汗)
でもこれで普及しているあたり、分かりやすくていいからなのでしょう♪

エイプリルフールの件ですね(笑)
Craftさんの探究心には頭が下がります(汗)

うーん

素人には違いが難しいです。
微妙な違いが、マニアには絶対的な違いですよね。
(^-^)
ホタルテトラって和名ですよね。
誰がつけたのでしょうか。
気になりますよ。

ちなみに、

ミクロレピドガスターの謎に迫っているのは本当ですよ。
(・ω・)ノ

Re: でかっっ!

カズさんこんばんは~
レッドショルダーホタルの導入時と今の差が凄いでしょ(汗)
?を付けたくなるほどの変貌ですが、同じ魚です(笑)

カズさ~ん。
ここはL3水槽だから修羅の国(L1水槽)じゃないよ~(笑)
でもそういえば、この60cmのL3水槽にも黒森が居ますが、結構な大きさになってますね(汗)
もはやこれはマツコの遺伝子なんじゃないでしょうか(笑)
入れてたチビも大きくなって、しかもそれでオスメス揃ったから、そのうち産むかも??

Re: No title

サイレスさんこんばんは~
アクセルロディア属のほうだと、メジャーなのがディープレッドホタルテトラですが、イエロータイプとか赤ホタルと呼ばれるちょい地味系もいますね。

ファイヤーテールホタルは、二種とも体色以外はほとんど同じですが、互いに違う良さを持っているところが面白いですね♪
レッドショルダーのほうは、ファイヤーテールホタルに比べるとサイズが大きくなり、仰るように赤のラインが比較的出ています。
買った当時の写真のように、昔はスレンダーでしたから、もしくはルブラインテトラに混じっている可能性もありますね♪
成長後は、ハイフェソ・アグルファのようなサイズと体型になるのがこちらでしょうか。
ファイヤーテールホタルのほうが先に飼ってるのに、軽くサイズで追い越しちゃいましたよ(汗)

ディープレッドホタルのチュンチュン泳ぎが好きです♪
7~8年前は600~700円くらいじゃなかったですかね?
今は半額くらいで買えますし、小さいので群泳させるととても綺麗ですね♪
なんだか90cm水槽にお迎えしたくなりましたよ(汗)

Re: No title

ろーごさんこんばんは~
魚のネタを人に持っていきましたか(笑)
でも、人は努力でどうにかなりますからね!
朝から走ったり、ウォーキングしてる人とか頑張ってるなぁ~って思いますよ♪

よく覚えてますね!
サーモで煮えたのはレッドショルダーホタル(2匹中の片割れ)で、最近死んだのがファイヤーテールホタルのタイプ違いの片割れです。
模様はないですが、こっちのタイプも綺麗ですよね♪

家族とかは別に大丈夫ですよ(笑)
気にしてたのは10代までですかね~
特に小学生の頃は、運動会の親子競技とか授業参観とか、僕だけ祖父母が来ることにコンプレックスを抱いてたな~
反抗期なんかはそれが嫌で、来ないでくれって言ってましてね(汗)
運動会では、昼飯に体育館裏で1人パンをかじる子供でしたよ(笑)
スーパー偏食家なので、弁当は食べれないという・・
孫にそんなこと言われたらショックなのに、子供とは言え配慮に欠けたなと大人になってから反省です(汗)

でかっっ!

同じ子なのか?
レッドショルダーホタルテトラ?
飼い混むと、そんなに変わるもんなのであるなぁ。
黒森もそうだけど、修羅の水槽では生存競争に勝ち抜く為に
巨大化していくのかな?
同じ魚でも、個体差なのか、随分色が違って来るもんなのね。

No title

こんばんは。
普通のホタルテトラではなく、レアなほうのホタルも色々いるんですね。ファイヤーテール2種は尾筒の赤いホタルスポットがよく目立ってますが、レッドショルダーは赤いラインのほうが目立っていて赤目赤線系っぽい感じがします。ルブラインテトラの名前で似たようなテトラが以前入っていたような?
ちなみに自分の水槽にはディープレッドホタルがいます。こちらの赤いホタルも昔に比べて安くなって、赤い個体がコンスタントに入るようになってきました。もう少し増やしてみようかな?

No title

あ~いるいるう~。
若い個体の頃はスレンダーだったのがドワーフグラミーみたいになるものが(笑)

ほたるテトラの中でヒーターのサーモ入れ忘れで生き残った個体でしょうか?
ライムグリーンの体色が綺麗でたまりませんね~。

レッドショルダーホタルテトラはいよいよハチェットフィッシュになろうとしているんですかね?

ごっつあんですの表現が面白くてしょうがない。


ブログを一応全部読ませて頂きましたが、セージさんの家族構成についてですが何か気にさわるようなことを書き、思い出させてしまって申し訳ありませんでした。

今後はヘタなブラックジョークをしないよう心がけます。
これは忘れないようにしないと(汗)

しかし、忘れるのが俺の最大の弱点(爆汗)

でわ♪
非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。