スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強のふたり

こんにちは~
暇潰しに筋トレしたら筋肉痛になった作者のセージです。
あと暇潰しついでにTSUTAYAでDVDを5本借りて観たんですけどね。
その中で、久しぶりに面白いと感じた映画があったので紹介したいと思います。
ちなみに今から書き綴っていくわけですが少々ネタバレになると思うので、元々観る予定だった人は引き返すなら今ですよ(笑)






さて。
その映画のタイトルがこちら↓



201601071450131f7.jpg
「最強のふたり」






紳士風の白人男性が乗った車椅子を引くイカつい黒人男性。
新作の時に大きく取り上げられていたのですが、タイトルとパッケージから察してアクションコメディなのかなと勝手に思っていた作者。
別にアクションコメディが嫌いなわけじゃないですよ(笑)
その時は気分じゃなかったのと、あまり興味が湧かなかっただけ。

そして正月休みに何となく店内を見てまわり、そう言えばこんなのあったな~と軽い気持ちで説明文を読むと、どうもそうではなかったらしい(汗)
以下、公式サイトから抜粋↓



~ ストーリー ~

事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る富豪と、図らずして介護役に抜擢されたスラム出身の黒人青年。
共通点はゼロ。高級住宅地とスラム、ショパンとクール&ザ・ギャング、超高級スーツとスウェット、洗練された会話と下ネタ、車いすとソウル・ミュージックに乗ってバンプする身体―。二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、
とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。







これだけ読むと、あるきっかけで富豪(フィリップ)の介護を任されることになった黒人青年(ドリス)が、懸命の介護の元に、貧富や人種、更には身体的障害によるジレンマの壁を超え二人に友情が芽生えていく・・・。

と言った、いかにもお涙頂戴なストーリーに見えるのは大きな間違い!!
まず問題なのが、この黒人青年のドリス!!
大富豪であるフィリップの介護の面接に来ていたのは、面接に受かって真面目に働くためではなく、不採用のサインを貰い失業手当を頂くためである。
面接でも、雇い主であるフィリップに失礼なブラックジョークを連発。
呆れ顔の面接官とフィリップ。
最後は自分の目的である不採用のサインを今すぐくれとせがむドリス。
しかし、明日になってから書類を取りにくるようと促され彼はその場を後にした。

翌日。
不採用のサインを受け取りに再びフィリップ邸へ訪れるドリスだったが、そこで伝えられる「1ヶ月の採用期間を与える」という意外な答え。

そこからドリスの介護がはじまった・・・。
研修中ということもありミスを連発するドリス。
それに対して必ず嫌味を言い放つフィリップには、やはりというべきか、常に介護の募集をしている理由が見てとれる。
そんな嫌味に気付いてか、気付かずか、必ず言い訳や反論を繰り返すドリス。
縦社会を完全に無視した、我々日本人の常識では有り得ないやり取りを展開する。

更にドリスの無礼は続く。
ある日、眠るフィリップの膝元でお茶を入れようとしてうっかり足にお湯を溢してしまうドリス。
咄嗟にゴメンと謝るも、それに気付かないフィリップは「何がだ?」と言う。
首から下の感覚がないフィリップには、足に熱湯を溢されようとも何も感じないのだ。
それを面白がるドリスは、自分でポットの熱さを確認後、なんとそのお湯を今度は故意に足へとかける!!
すると「お遊びは終わったか?」と皮肉たっぷり且つ冷静に声を掛けるフィリップ。
「何も感じないのか!?」と驚くドリス。
するとそこへ、ベテラン世話係のマルセルが登場。
彼女は「何をやってるの!?」と怒り心頭!!
反抗現場を目撃されたにも関わらず、謝罪するどころか「平気だってよ、ほら?」とまた熱湯を足にかけるドリス(笑)

その他にも、フィリップに食事を与えている最中に美人秘書のおしりに見とれ、口ではなく目に食事を突っ込んでみたり、便箋の仕分け作業で風俗のチラシを見つけ「風俗ファイルでも作る?」と失言したり、フィリップの読書中にスマホをいじって遊んでみたりとやりたい放題である。

そんな行動が他の使用人の目に余ったのか、そんなドリスの行動がフィリップの一族の耳に入ることに・・・。

ある日のこと。
その一族である一人の男に食事へ誘われ向かおうとするフィリップ。
お付きはドリスで、今回始めての運転手役のようだ。
車椅子マークのついたワンボックスカーへ自分を乗せるよう指示するフィリップ。
するとドリスはこう反論した。

「こんなの嫌だ!馬みたいにこんな車の後ろに乗せるなんて!!そうだろ??」

そして隣に停めてあるカバーが掛かったスポーツカーに目を向けるドリス。
しかし、残念そうに「それは実用的じゃないんだ」とフィリップ。

そんな話はお構いなしとばかりにスポーツカーのカバーを外し、なんとそれにフィリップを乗せてしまうドリス。
もう目茶苦茶である(笑)
しかしながらも、フィリップを障害者としてではなく同じ人間として扱うドリスの行動に何故か心温まるのが不思議だ。

車にエンジンをかけ、その轟音に「スゲー!?」と子供のように目を輝かせるドリス。
それを見て「いいだろ♪」と、無表情だったフィリップの顔が無邪気にほころぶ。

この時既に、生まれたときから人の上に立つ人間として育てられたフィリップにとってドリスのような人間は未知の存在であり、自分に対して本当の意味で「対等な人間」として接してくれる「友人」に近付きつつあったのかもしれない。

それはこのあとに会った一族の男に「ドリスには前科があり、注意すべきだ」「奴らは情け容赦しないぞ」などと警告されるが、それに対しフィリップは「情けなど要らない」「そういうところがいい」「そんなことはどうでもいいことだ」と答えている。

これまでのストーリーを観て、常軌を逸した(プライベートジェット機を持つレベル)セレブが友情といったお金では買えない抽象的なものに何かしらの感情を抱くんだろうなぁ・・・。







・・・。








・・とは、全く思わない作者。
やはり無礼と取れる行動や言動には、我慢ならない人も数多くいると思う。
それに他人の自分に対する良心的解釈は、時に悪い人間の利用対象になるので気を付けなければなりませんよね。

しかしながら、この映画の中におけるドリスとフィリップは互いの利害に関係なく接している。
ストレートに物を言うと、上下関係や礼儀など全く知らないお馬鹿過ぎるドリス。
おそらくは帝王学を学び、近寄ってくるのは自分に媚びへつらった人間ばかり。
そこから生まれるものに、最早平等の精神などないであろうフィリップ。

性格、年齢、環境、立場、全てが異なる二人に、それらを超えた友情が芽生えていく・・・。
この「最強のふたり」は、そんな過程が面白おかしくも、どこか哀愁を感じてしまう不思議な映画です。
(因みに、実話を元に製作された映画)

Amazonのアフィリエイトでもやっていたら、この後に貼ってやりたいところですけどね(笑)
もしこの文章を読んで気になった方は、近くのレンタルショップへGO!!
何も感じなかった人へは、次の話題です(笑)


さて、前回購入したディスカスなんですけどね。
それがこちら↓










20160107183237352.jpg
Dr,テオロートターコイズヘッケル





どうですか?
綺麗でしょ♪
残念なことに、かなりの人見知りというか、環境に慣れてないというか、表に出て来てくれません(汗)
先に購入したアルビノレッドカバーの方はもう順応してるんですけどね~↓






201601071850046f4.jpg





餌をくれとガラス面に寄って来たりとこちらは人に慣れてる感じがあります♪
それにしても、こんなに餌を食べるのが下手な魚が居るのか?というくらい餌取りが苦手です(汗)
沈下性の専用フードにパクつくもヘディングなんて当たり前(笑)
落ちたのをせっせと食べてます(笑)
最近はそんな愛くるしい姿をニヤニヤ見つめる作者。
端から見ると、完全な変態ですね(汗)

最後はこんなにも可愛い二匹の写真でお別れしましょう↓





20160107184818e51.jpg
「最強のふたり」









それではまた~







本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓

にほんブログ村 観賞<br />魚ブログ 熱帯魚へ

スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

Re: No title

gちゃんこんばんは~
新しい記事があるのに、ここ!?(笑)

最強のふたりは、内容書いたけどそればかりじゃないよ~
観れば分かると思うけどね(笑)
gも嫌いなタイプの映画じゃないと思うけどね♪

ディスカスいいだろー
爬虫類もいいけど、熱帯魚もいいぞgよ♪

No title

こんばんび〜〜!セージ氏よぃ!

最強の2人?
気が向いたら借りてみようかね〜〜、て言うか、セージ氏のあらすじでほぼ内容分かっちゃったYO!

しかし、ディスカス美し〜〜!

Re: No title

みいさんこんばんは~
TSUTAYAのカードはあるのに借りたことないんですか(汗)
映画は映画館でしか観ない通な方?(笑)
僕もシリーズもので気に入ったら観に行くのですが、とりわけ映画通ということもないので大概はレンタルです(汗)
絶対みいさんの好みじゃないと思いますけど、最近行ったのはハンガーゲーム3ですね~

ディスカスはショップでもよく見てますか♪
そうなんですよね~
なんかディスカスには見られてる気分(汗)
ホント、何となくという言葉しか出てこないんですが、あれは絶対に人を見てる・・気がする・・・

ディスカスミルクは産卵しないと見れませんね~
うちであわよくペアになってたとしても、まず見れない光景かな(汗)

Re: タイトルなし

おぴよさんこんばんは~
海外ドラマ派ですか~
洋画もいい映画が沢山あるんでしょうけどね~
僕はその中でも、気に入った映画だけDVDを買っています♪
好きなジャンルによってまた違いますしね(汗)
今回紹介したのは、僕的にはいい映画だったので、見掛けたらDVD買いますよ(笑)

箱根オフ第2弾ですか(笑)
企画して頂ければ是非参加させて頂きます(笑)
またニジマスが食べたいです(笑)
コメントで仰るようにcraftさんの足の具合もかなりいいみたいですし、これはやるっきゃないですね(笑)

Re: 障害者

craftさんこんばんは~
ぐおっ(汗)
そ、そ、そ、そう言えばその経緯を昔ブログで読みましたよ(汗)
すいません、配慮がなくて(汗)

箱根オフの時も普通に徒歩でまわりましたね(笑)
もうあれから随分経つんですよね~
また機会があればオフりましょう♪

やはりディスカスに興味を持たれていましたか♪
ディスカスも色んなタイプがいるのでショップで見るのが楽しいです♪
そしてピンときたらcraftさんもお迎えどうでしょう(笑)

Re: タイトルなし

みゆさんこんばんは~
おー!!
まさか映画で観ていたとは驚きですね~
しかも傷心な時にですか(汗)
なんていうか、映画だけじゃないんでしょうけど、観る時の精神状態でまた映り方が違うんじゃないですかね。
でも、今でも好きだと言える映画ですからきっとその時のみゆさんの心にも届いたということでしょうね♪

ちょっと僕も好きな音楽のジャンルが違うのであれなんですが、映像から伝わるものはありましたよ~
フィリップが退屈だと言っていた誕生日パーティーに、その音楽を流して踊るドリスや他の使用人、そしてそれを実に楽しそうに見つめるフィリップが印象的でした。
僕はちょっと視点が違ってて、体の不自由なフィリップは、手足を器用に動かして踊るドリスにちょっとした羨ましさがあったのかな?とも感じましたが・・
あ、嫉妬という歪んだ感情ではなく(汗)

雇い主と使用人という立場を考えたらお金で繋がっている形式になりますが、映画内ではそういう風に感じないのが不思議でしたね。
きっと給料高いんでしょうけど、収入(仕事)に固執しないあのドリスのキャラのおかげかな?

ディスカス可愛いですよ~
餌取りの下手さも含めて(笑)
なんだか分かんないですけど、何か思ってそうなのが不思議なんです(汗)

別にコリをディスってませんよ(笑)
コリにはコリの可愛さがあるじゃないですか~
うちも綺麗な魚ばかりではないし、でもそれぞれ個性があって好きな魚ばかりです♪

No title

私DVDって借りたことないの~。ツタヤのカードはあるから、それで借りられるんですよね?←セージさんに聞くヤツ(笑)

ディスカスは近くのショップでみるけど、本当に見事ですよね!ゆったり泳ぎながらこっちを見られると、一体どっちが観察してるのかわからなくなる(^^;)
これって、身体からミルクを出して稚魚にあげるのでしょう?そんなのところもすごいです。

こんばんは♪

映画は、借りてもあまり観ないです。
海外ドラマを少し観る位です。

ディスカスは、素晴らしいですね。
綺麗です♪

craftさまを箱根では、かなり歩かせてしまいました。
反省してます。

水槽部屋が落ち着いたら遊びに来て下さい。
以前と変わらない魚しか居ませんが♪

障害者

そういえば僕も障害者なんですよ。
思い出しました。
足の骨が人造なんですよね。
まわりの人は皆普通に接してくれます。
ありがたいことですよ。
もしかしたら、
普通に歩けて、走れるからかもしれませんが。(笑
箱根オフからかなり回復しましたよ。
(^-^)

ディスカスいいですねえ。
どこかでお迎えしたいものですね。

最強のふたり・・珍しく映画館で見た映画です!
ちょっと傷心な時だったので、元気になれそうで見に行きました。
始まったとたんに、Earth, Wind & Fireのセプテンバーだったかな?が大音量で流れて、思わず立ち上がって踊りたくなりました!!
(Earth, Wind & Fire大好きなんです)

私はこの映画好きです。
実話だというところが何ともいい。
ハートでつながってる人間関係っていいなぁ。

ディスカスは、ああ~可愛いでしょうね。
餌取りがへたなの、想像できます(笑)
おちょぼですもんね。

色の綺麗な熱帯魚って、やっぱり凄いわ。
じゃあ,うちのコリ達はどーなる?!
(笑)

Re: No title

ろーごさんこんばんは~
重度のネット中毒者ですか(笑)
それをDVDに引っ張っていくのは難しいそうですね(笑)
まぁ、文中にも書いたとおりアフィリエイトしてるわけじゃないので僕には何の特もないし、そこは任意で(笑)
ろーごさんには、僕は自分が書きたいことを書く主義なのはもう分かって貰えてると思うので、これからも予定調和の外で好き放題書きたいと思います(笑)

ディスカスは性格ありますよ!
基本的にゆったりした泳ぎのためか、その仕草が非情に面白いですよ~
吹き出し入れて、なんか会話文を入れたいくらい(笑)

ある意味僕はアクア界のドリスですよ(笑)
人の真似、模範的飼育、そんなものには興味がありません。
魚を飼うというペット的な認識ではなく、水槽という決められた世界の中で、魚がどう行動し何を展開するのか?
それを観て楽しむんですよ♪
動物園の小さな檻に入ったライオンを見るより、サファリパークやサバンナで生活するライオンを観るほうが好きなんです。
ニュアンス分かりますよね?

ディスカスとか突飛な存在が、今後修羅の国でどういうドラマを繰り広げるかが楽しみですよ♪

メダカにもしっかりいろんな個体がいるじゃないですか(笑)
奇形には正直いいイメージはないですが、それらの中でも外見的に面白い個体が固定化され改良種が生まれますからね~
一概にそうと言えないのが現状でしょうかね。
同じ魚に生まれても、そこに個体差があるのはある意味自然では必要なことですよ。
ライオンに抱く強いイメージがあったとしても、牛や馬を襲う時に彼らが狙うのは大概が子供。
子供期間が異様に短かったりするだけでライオンの生存率も急変するし、繁殖率も下がるでしょうね。
魚にも同じことが言えていて、同じ種が増えすぎることは自然にとって弊害を起こす危険性があるわけです。
そうした全てが秩序という中で織り込まれて、極自
然なことなんじゃないかなと思います。
アクアリウムはそうした一部分を真似て切り取った人間のエゴだし、自分にとって完璧なシナリオは用意されてませんからね(汗)
そんな中でも、悪戦苦闘しながら楽しむ難しい趣味がアクアリウムですね~

No title

重度のネット中毒者である俺にはよほど面白いドラマじゃないかぎりテレビやDⅤDを見ることはあまりないですね。
むしろ、常にネットをしていないと満足しないというか(汗)

ディスカスにも性格があるんですね。
エサの取り方がへたくそだと今後の成長は大丈夫なのか??
果たして修羅の国で円盤野郎が頂点に君臨するのはいつなのか???

一応、ディスカス飼育者のブログを見ていますがほとんどがディスカス同士での複数飼育だったり、エンゼルフィッシュなどの中型魚との混泳だったりします。

そういえば前に去年の12月号のアクアライフで水草水槽に小型カラシンと一緒に混泳させるスタイルをとっていた人が紹介されていましたね。
セージさんもこの人と同じ方法をしておられるのですね。

今後の修羅の国の展開に期待してます!!!

ちなみに家のメダカはエサをやると真っ先に水面に向かい食べる個体とそのまま気づかずにのほほんとしている個体に分かれます。
その中で痩せ細ったり、背骨が曲がる個体もおります。
まあ、それは自然淘汰しかありませんね(汗)

でわ♪
非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。