スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病終結へと向かう・・(でも終わったわけじゃない)

こんばんは~
いろんな議論を巻き起こした白点病ネタも、今日で終わりかな?
本当に一時はどうなることかと思いましたが、結果的に言うと白点病が原因で死んだという魚はゼロでした・・・。

被害も多く出てしまって正直ショックでしたが、死因は薬によるバクテリアの減少に伴う水質悪化と、薬自体の影響かと思われます・・・。

何度も言いますが、今までは28℃以上の水温上昇と投薬で解決出来ていたわけですが、今回は異例なほど悪化の一途を辿るばかりで正直焦り過ぎました(汗)
48時間で水中に拡散している遊走子が死滅するという認識の元、投薬後2日に1回の水換えは単に魚に負担をかけるだけであり、それが実質的に白点虫の侵攻に繋がったのかなと推測しています。

そう思いはじめてから、まずは魚の状態を戻すべく薬の濃度を下げるために3分の1程度の水換えを敢行。
そして、激減しているであろうバクテリアの活性のためにエアレーションを一つ追加しました↓




201511152016475a5.jpg
ブクブクオラオラオラオラオラァァァァーーーーーーーー!!!!!!!








・・・。







前回の記事に書いたように、理屈上水中には白点虫がいないはずの状態でありながら新たに入れたブラックモーリーの稚魚が発病したことから、今まで経験してきた白点病とは違うものなのか?という疑問にぶつかりました。
投薬や高水温による遊走子の殺菌が出来ないならば、水の中にはそれらが存在するということ。
それなのに体に症状が現れるものと、そうでないものが居るということ。

こうしたことから、菌を殺すための過剰な対処よりも、魚の状態維持を考えた負担の小さな対処にすべきという結論ですね。

今回、この白点病が蔓延したL3水槽では半数以上もの魚に大小はあれど白点が付いてしまいました。
そんな中でも特に酷かったのがブルーアイグリーンラインデビルテトラとレッドショルダーホタルテトラで、前回写真をアップしましたね↓






20151109223748ac3.jpg
20151109223747ed2.jpg




正直、これはダメだなと思い最悪のケースを受け入れる心の準備は出来ていました。
それが薬の量も水換えの頻度も下げた水槽で、ここまで回復してきましたよ↓







201511152007528af.jpg
20151115200754fcb.jpg




最初の写真が写真なだけに、薬をもう少し足してみるか?とか水の量をもう少しだけ換えて菌を減らしたほうがいいんじゃないか?とも思いました。
でも、同じ対処で失われた犠牲と、自分の推測を確かめるためには辛坊するしかないとも思ったわけです。




そして回復へと向かった・・・。





・・・。






但し。
まだ言えることは、魚の体表から白点が消えたり減ったりしてはいても、まだこの水の中には白点虫が存在しているということ。
何かの拍子に再び症状が現れることがあるかもしれません。
完全回復にまではまだ至っていないので、少量の投薬と高水温は維持しておく必要がありますね。
なので個人的には下手なことさえしなければ、このまま収束出来るんじゃないかと考えています。

今までのしつこいほどの白点病ネタにお付き合い頂きありがとうございました!!
これでようやく作者も元気になれそうです(笑)



追伸。
これまでの話は、あくまでも作者の体験談における推測に過ぎないものですので、参考程度に捉えて頂ければなと思います。







本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓

にほんブログ村 観賞<br />魚ブログ 熱帯魚へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

Re: No title

いぼ仙人さんこんばんは~
白点病は、基本的に持ち込み多いです(汗)
魚を導入したときですね~
今回はスレンダーマーブルオトシンに点が2つほど付いていたのには気付いてましたが、水温上げておけば大丈夫だろうという軽い感じで・・
というか、オトシンに薬が良くないのが分かっていたのでそれだけの対処にしていたのがまずかったんですけどね(汗)
エロモナスは常在菌ですから、それこそ魚の状態によるところが大きいのと、発病するとかなり厳しいですね(汗)

カラシンはかなり好きな魚なので、いつも何かしら物色してます(笑)
今、見た目的にはかなり良くなってきましたよ♪

Re: No title

ろーごさんこんばんは~
名前なくても気づきましたよ(笑)
パソコンはうちも調子悪くて、最近は全部スマホ更新ですよ~
昔と違って、今のスマホは意外と楽です(笑)
ろーごさんのパソコン早く治るといいですね~

No title

そういえばここ数年白点病をうちでは見ていません
でも、エロモナスはときどき見かけます
管理の癖が出るのでしょうか

飼われているカラシンも非常に味のある種ですね♪
無事回復しれくれることを祈っています

No title

ろーごです。

実は家のパソコンの一部機能が故障してしまい、今修理にだしているところです。

図書館のパソコンでコメントしたもんですから、名前を記入するのを忘れていました。

失礼しました(汗)

Re: No title

サイレスさんおはようございます~
見た目が少し良くなったので気分的なプレッシャーは緩和されましたよ(汗)
現状も油断出来ない事態ではあるんですけどね(汗)
宿主にまた付こうと虎視眈々と狙っているんでしょうね(汗)

魚の体調を考えて免疫力を落とさないようにしつつ、地味に水中の白点虫を駆除しなければいけませんね(汗)

デカいほうの黒森はまるで白点を受け付けません(笑)
同じ魚とはいえ、チビはやはりチビなりの抵抗力なんでしょうね(汗)
みんなこれくらい丈夫だといいのですが・・

ファイヤーテールロレットテトラで入った謎のカラシンですか♪
気になりますね~
ファイヤーテールロレットがhyメタエに似て非なるものだと言われてましたが、逆にメタエに近いタイプだったりして♪
興味深いですね~

Re: No title

みいさんこんばんは~
ヨウ素殺菌ドームは2~3日で効果が現れるし、初期に使用するとベストかもですね♪
ただ、今回のような弱った個体にはどうなんでしょうか?(汗)

なるべく出したくはないのですが、今度白点出たら試してみますかね♪

みいさんの秘密兵器?は某大手ショップには置いてないですからね(汗)
もしもの時は声かけますね(汗)

Re: No title

名無しのろーごさんこんばんは~
いや~
見た目があれじゃないですか?
点々が増える度に萎えてましたよ(汗)
それが少しづつ消えてますので、ちょっとゆとりが出来ました♪

今も水中には白点虫が浮遊しているんでしょうね~
個人的には、魚の状態にもよると思うので、少量の薬で対処しますよ~

メダカは順調みたいですね♪
確かに気温が下がりやすい季節に白点虫は活発になるようですから、お互い魚飼いとして充分に気を付けなければいけませんね(汗)

アクアは問題少なく楽しみたいです♪

Re: タイトルなし

おぴよさんこんばんは~
魚の体から少しづつ離れている状態ですね~
ただ水の中には、遊走子がいくらか住んでいるのではないでしょうかね(汗)

お気持ちだけで充分ですよ♪
お気遣いありがとうございます♪

オトシンはまだ入ってきてますね~
噂では現地は禁漁の次期に入ったので、キープしている魚の小出しになるようです。
まだどんな魚が隠されているのか気になります(汗)

シェードミロソマとは中型カラシンでしょうか?
そのうち合間で買いにいくか、通販しかないですね(汗)
通販も余程の信用がある店じゃないと、どんな状態で来るか心配ですよね(汗)
僕もいろんな被害に遭いましたよ(笑)

やはりここは下界に降りるしかなさそううですね(笑)

No title

こんばんは。
小康状態になったようで良かったです。ただ、魚から離れたってことは今まさに改めて寄生しようとしている白点虫が水中にうようよいることになるわけで…想像すると確かに怖いですね。
この寄生予備軍をいかに寄生させずに排除するか…魚の体調も重要ですね。でっかいブラックモーリーが白点一つなくピンピンしているのはまさにそこなんでしょうね。
白点病と言えば、正体不明のテトラがショップに入荷しまして。ファイヤーテールロレットテトラとして入ったんですが、どうも違うようなんです。そのテトラも白点病になっていたんですがようやく治ったところです。結構綺麗なのでいずれお迎えして、セージさんにも正体についてご意見いただければと思ってます。

No title

一昨日より昨日、昨日より今日。。。って感じで良くなってるかな?ようやく先が見えてきたようで、ほっとしています(^^)
でももし、例のヨウ素が必要だったら言って下さい。こちらのショップには在庫ありましたので。。。私にとってはこれ、救世主なんです(笑)

No title

熱帯魚の調子が良くなりましたね。
白点病の猛威もだいぶ治まってきましたね。

でも、油断するとまた白点が出てくるかも?
ここからが正念場です!

俺のメダカ水槽に至ってはまだ病気は発生していませんが水温が下がるこれから下手するとこちら側のメダカも白点病にかかるかもしれません。

セージさんも俺の方も気を引き締めていかないといけないですね。

でわ!

こんばんは♪

終息に向かい良かったです。
なにも協力できないでごめんなさい。

オトシンは、盛り上がりますね♪
いろいろと入荷してますから素敵です。

もしかしたらシェードミロソマカラシンの
チビかもが入荷してますが、抜きに行けません。

ショップに行かない、行けない不利を
ひしひしと感じてしまう事が増えています。

通販に頼る限界を感じながら…。
晩秋の長い夜を悶々しながら過ごしてます。

Re: 白点病

craftさんこんばんは~
濾過バクテリアはバリア張ってるわけですね(笑)
バイオフィルムについては依然craftさんが記事にされていたことで知ることが出来ました(汗)
吸い付き系の魚の餌にもなっているんですよね~

寄生されているときは魚の粘膜に守られているから耐久力があるようには感じています。
撃退チャンスは、成虫になって遊走子になっているときなはずなのですが、どうも今回は別物のような耐性を持っていまして(汗)
恐らく親の寿命も長くはないようですね~
怖いのは休眠期間でしょうか(汗)

一先ず、多くの個体の体から離れたようなので、今水中に成虫がいます(汗)
温度は30,5℃のまま薬も少量入れてますが、また再発しないとは言い切れませんね(汗)
油断大敵です(汗)

でも今度また付いたからと、歯ブラシは使いませんよ(笑)
多分、粘膜と鱗が剥げて弱って死にます(笑)

wikiや見てきた情報を元に対処してきたし、出来てきた病気ですが、例外なのが今回です。
個人の意見や推察に間違いを付けていたら何も進展がないと思いますし、貴重な情報として有り難く受けさせて頂きます♪

常在菌を発病させないためには、やはり元気に魚を飼うことが一番ですね♪
今回はちょっと無茶した気がします(汗)

白点病

僕なりに状況を妄想してみました。(笑

十分こなれた水では、濾過バクテリアの90%以上はバイオフィルムを形成してその中の居住者になっていることから、水道水の塩素くらいではなんともないらしいんですね。
なので水道業者さんは高圧洗浄という物理的な手段で滑りを落とすというですね。

浮遊している状態のバクテリアは、薬や塩素に弱いそうです。
白点病の魚に付着した親から生まれて、シスト状態で浮遊している白点虫のチビ達をエチレンブルーなどで撃退すると。
白点虫の成体はバイオフィルム内に住むバクテリア同様、魚の皮膚の下に潜って生活していますから、薬が効かないんですね。
(歯ブラシは効くかもですが。。。(笑 )


温度を上げるのは白点虫が抱卵〜シスト状態にして、そこで薬で殺すのためのサイクルを早めるためですね。
白点虫の親の寿命は短かったような記憶が。
経験上、メチレンブルーだけで濾過バクテリアが死なないような気がするんですよね。
それはバイオフィルムに守られているからでしょうかねえ。
もちろん、量にもよるんでしょうけどね。

とか、真面目にレスしてみたり。(笑
間違っていたら、ごめんなさい。みなかったことにしてください。(汗
白点病もエロモナスも常在菌と聞きますけどね。
みたことがないんで、断言しませんけど。(笑

そうそう、

関係ないけど、レッドジェットオトシン綺麗です。
(^-^)
非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。