スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やらかした凡ミス・・・。

こんにちは~
免許更新の通知が来てたので休みを取った作者。
しかも初日は受付のみで、後日に講習がある模様。
メンドイね・・・。



・・・。



いかにも受付済ませてきた!みたいなこと言ってますが、雨は降ってるし、寒くて部屋を出たくないので、今まさに更新真っ最中のセージです(笑)








さて。
先日の月曜日のこと。
帰宅すると、見たくもない光景が飛び込んで来ます・・・。 ↓

IMG_5447.jpg



お気付きでしょうか?
上と下で、なんか死んでますね・・・。
実はこれ、以前紹介したウルレイテトラの混じり抜きのレッドシザースネオンカラシンと、そのレッドシザースネオンカラシンに酷似したハセマニアの混じり抜き個体なんです・・・。

あとね・・・。
スーパーレモンテトラの姿も見えないんですよね・・・。
日曜日の水換えの時はいたのに・・・。



・・・。




一匹が突然死ぬことはたまにあるのですが、3匹がまとまって死ぬってことには何か原因があるわけですよね?
色々考えて、一つ思ったんです・・・。
水温大丈夫だっけ?




・・・。





実は別の日に、水温針を壊してしまいましてね↓

IMG_5352.jpg


ADAのはお洒落なんだけど、ちょっとしたことですぐ折れるんだよな・・・。(これで何本目だ?)




・・・。





この写真はついでネタで使おうと思って撮ってたんですけど、なかなか結びのネタもなくてお蔵入りしてました。
作者、水換えの記事なんて殆ど書かないですからね・・・。
そこで何か凄い事故でも起これば書くけど(笑)

そして、また懲りずにADAの水温針を買おうと思いつつ忘れていたんですけど、作者のナチュラル水温針を入れてみると・・・。








18℃!!!!!!!!!(実際の温度は知らん)










そう・・・。






ヒーターのコンセントは水換えの時に抜いたまま放置され、これらの個体は凍死したのでした・・・。







・・・。







プレコは隠れていて生存確認が出来ないけど、他の魚達は辛うじて無事でした(汗)
一気に水温を上げるとマズイので、休養中の某ブロ友の真似をしてヤカンで熱湯をジョボジョボ・・・。
取り敢えずこれで様子見るか・・・。








・・・。











いや、早くヒーターの電源を入れろよ俺!!!!








・・・。




実はハセマニアの混じり抜きのことを今週アップしようかなと考えていたのですが、こういう事態になってしまいまして・・・。
死んでしまったのに今更ではありますが、改めてハセマニアの混じり抜きをご紹介死体したいと思います↓

IMG_5381.jpg


レッドシザースネオンカラシンのように、尾ビレの根元辺りの赤、中央にもうっすらとシルバーラインが入っています。
2匹を比べてみると、体系から何から本当にそっくりなんですよね↓

IMG_5379.jpg
レッドシザースネオンカラシン



ショップでは従来の発色を見せており、核心の下で購入したのですが、残念ながら我が家に来てからすっかり色落ちしたレッドシザース・・・。
むしろ違うんじゃねーか?という声も聞こえて来そうですが、死体を見るとそれだと確信出来る特徴が出ているんですよね・・・。↓

IMG_5450.jpg
レッドシザースネオンカラシン



尾ビレの黒点から2つに別れる赤模様に黒の縁が付いてます。
間違いなくレッドシザースネオンカラシンだと思われる個体ですね。(死して、その発色が出るのは皮肉な話ですが・・・。)
ハセマニアの混じり抜きのほうはキラースネールに食されていたので、ちょっと外観的にお見せ出来ません・・・。
そして数時間経過し、見せれる状態へ・・・。↓

IMG_5451.jpg

IMG_5453.jpg

IMG_5454.jpg
またしても骨と皮だけに・・・。





・・・。







IMG_5455.jpg

葬儀はやっぱりキラスネ社!!!!!







・・・。





キラスネ社の仕事だと断定していますが、オトシン社員やプレコ社員の場合、彼らは体表から嘗めていくので皮と骨が綺麗に残ることはありません。
対するキラスネ社員は、死体に管を伸ばし内部に入り込んで内臓から肉へと処理していきます。
あと好んで先に処理するのは眼球ですね・・・。





グロいからもういいって?







・・・。







こうしたことを経て、死した者は今を生きる者の糧となり、その次を生きる命の誕生へと繋がっていく・・・。(うちの場合、食ってるのもキラースネールなら、生まれてくるのもキラースネールだけど)
この水槽に於いて、無駄に散る命などないのです・・・。





・・・。







・・とはいえ、今回は完全なる作者の凡ミスですね(汗)
せっかく手に入れた珍カラが・・・。(涙)


最近、急激な気温の低下で他県などでは雪さえ降っていますね(汗)。
寒さによる風邪などの病気もそうですが、アクアな方々は水換え後のヒーターの入れ忘れにも十分お気をつけ下さい!!!








では~





本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓

にほんブログ村 観賞<br />魚ブログ 熱帯魚へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

Re: No title

おぴよさんこんばんは~
おぴよさんも経験ありましたか(汗)
18℃は適当なこと言っただけなんですけど、夜中はそれくらいなってないかなと(汗)
近縁種が同時に死ぬことには、共通した原因があったと思うのですが、これしかないんですよね(汗)
でも、おぴよさんも同じ経験があるのならきっとそうなんだと思います(汗)

トライアングルにカメレオン・・・
それは痛いですね(汗)
うちのカメレオンは飛んで逝きましたけど(汗)
耐性も、種類や個体差があるんでしょうね~
もちろんそれはあって貰わないと、僕らはこのミスで大泣きするはめになってましたけど(笑)

ロリカリアの全滅・・・
それはお気の毒に(汗)
白点は、低水温で発生しやすいですからね(汗)
ロリカリアなどは、薬もあまり良くなさそうですし(汗)
その辺りが難しいところですね(汗)

熱帯魚は日本の魚ではないので、温度管理は大事ですよね(汗)
失敗を望んでいるわけではないのですが、人間がやることですから事故はどうしても起こしちゃいますね(汗)

No title

こんばんは♪

カラシンは、18度位で駄目でした。
過去、冬場に何度も経験してます。

ロリカリアも☆になる子とならない子がいまして、
トライアングル、カメレオンなど高価な子達は、18度で全部☆になりました。

アイガンマナイタイプ達は、15度でも5匹ほど生き残りましたが、
その後に白点病を患いポツポツとみんな☆になってしまい、
ロリカリア達を全滅させた経験があります。

暖房器具をちゃんと通電させなかった事が原因だとかなり悔やまれますね。

No title

あっ、すいません。
間違って非公開コメントにチェックを入れてしまっていたみたいです。
最近仕事でいろいろPCのソフトをインストールしていたせいか、うっかりチェックボックスに入れてしまう病気になったようで…。コメント返信どうもでした。

Re: No title

鍵コメさんこんばんは~
これは鍵コメにしておくような内容に感じないのですが、手違いでしょうか?(汗)
レッドシザースは、ほぼ流通していないカラシンなので残念でした(汗)
ウルレイの混じりということで、さほど安く手に入れたわけでもないですしね(汗)

ハセマニアの混じりの方も、そちらのブログコメントで近々紹介すると言った矢先にこれですよ(汗)
これから飼い込んで、どういう発色を見せるのかがキーだったのですが・・・
ちなみにショップでは、「あの色が出てないのを下さい」と言って抜いてもらいました(笑)

ヒーター事故は鍵コメさんも僕と同じケースのミス経験がありますか(汗)
しかも、センサーの入れ忘れまで(汗)

仰るように確かにブリードは飼育上の環境なれというか、割りと環境変化に強い部分があるのに対し、混じり=ワイルドですから、ワイルド個体の短期間飼育での異常水温の変化には対応が乏しい部分は感じます。
生まれた環境が違うので、水槽においてベストの体調を保つのは難しいですね(汗)
そう言えば、消えたスーパーレモンもワイルド個体でした・・・

今回、残念な結果終わってしまったのですが、せめて一年は継続して変化を楽しみたかったです。
でも、水換えの時はヒーター抜きますからね(汗)
空焚きするわけにはいかないし(汗)
ヒーター限らずですが、器具のコンセントは抜いたら入れるというのを最後にちゃんと覚えてないといけませんね(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 凡ぢゃね?

カズさんこんばんは~
ここでも凡ミスおかしてたYO!!
カズさん、そう言うのはもっと早く発見して教えて!!
メッチャ恥かいた(汗)
ある意味、凡ミス繋がりでアリといえばありだけど(笑)

でも、今しがた修正しておきました(笑)
教えてくれてありがとうございます(笑)


カズさん・・・
ナチュラル水温針って指だかんね・・・
なんか、いやーんとか言われると、変なもん入れてるみたいじゃん・・・
いや、もうこれ以上はやめよう・・・

日本海側はヤバそうですが、こっちも寒いですね~
死んだ原因なのかは定かじゃないけど、低水温は熱帯魚には良くないことですね(汗)
でもな~
それしかないんですよね~
ヒーター・・・

Re: No title

そらみちさんこんばんは~
ADAの水温針はですね、フィルターを掃除しようとした際に、ボキッと・・・
まず水温針を外してからやればいいんですけどね・・・
スタイリッシュ過ぎて、目立たず忘れるんです(笑)

あー!
ありますよそれ!
水がチョロチョロと、溢れていたことがあります・・・
もしかすると、それがあるので他社はああいうデザインにしないのかもしれませんね~
ADAは、ブランド性で売ってる部分もありますし・・・
でも、お洒落だからまた買うんですけどね(笑)

本文でも言っているんですけど、一匹ではなく数匹死ぬことには原因があると思うんですよね。
で、ヒーター忘れてたわけですが・・・
しかも似たような種類ですし、耐性条件も似てたのかなと。
あと、18℃も適当なんで(笑)
分かってるとは思いますが、ナチュラル水温針=指ですからね(笑)

他の魚は元気だし、病気じゃない気はしてます。
エロモならうつらないんで、分からないけど・・・

キラスネは、内部から攻めますからね~
皮は好きじゃないようですね(笑)
ある意味そこは人間みたい(笑)

エビも数で掛かれば、凄いでしょうね(汗)
骨だけになるって、ツマツマ攻撃も地味に威力あるんですね・・・

目は確か、DHAとかコラーゲンとか貴重な成分が含まれるんじゃなかったですっけ?
いや、別に美容マニアではないんで定かではないですが・・・

Re: さすがキラスネ社

Craftさんこんばんは~
18℃かどうかは分かりませんよ(汗)
指入れたら冷たかったから適当に書いただけです(笑)
でも昼間はともかく、夜は暖房入れないし、窓際だし、結構水温が下がってたかもですね~

レッドシザースネオンカラシンは、固定で入荷することは少ない珍カラですね~
ウルレイテトラの混じりは恐らく間違いないと思われますが、ハセマニアの混じりは微妙なところです。
かなり酷似してましたけどね~
死んじゃったのが残念です・・・

ADAの水温針は、ちょっと物を当てるとポキッといきます(汗)
まぁ、不注意と言えばそれまでですが(汗)

せっかくの個体も死にはしましたが、キラスネの糧となり、命を紡いでいますね。
ここまでいい仕事するのは、キラスネ社をおいて他には居ないでしょう(笑)

Re: No title

ボンちゃんこんばんは~
あれすぐ折れるね・・・
でも、セロテープで押さえるくらいなら、100均の水温針でもいいかな(笑)
平凡なミス・・・
盆って漢字間違えてね?
Bonmisuで打ったら出てきたから疑いもしなかったぜ・・・

ミスボンは、どっかへ放り投げておこう。


・・・


18℃かどうかはしらないよ(笑)
ナチュラル水温針って、指だし(笑)
ただ、まとめて死んだ理由がそれしか考えられん!

Re: No title

ろーごさんこんばんは~
水温針が折れた時にちゃんと買っていて、もしついてたらもしくは温度低下に気付いていたかもしれないという振りです(汗)

水が完全に冷たくなっていましたね(汗)
てか、ろーごさんも同じミスしてるし(笑)
混じり抜きは、ウルレイテトラが800円、ハセマニアは200円くらいですよ(笑)
元値が安いほど得するのが混じり抜きの利点です(笑)

ヤマトヌマエビ社が居たの忘れてた(汗)
でも奴らは下に降りてこないんですよね。
多分ジュル男にビビってます(笑)

僕は警察署に行ったんですけど、カツ丼出ませんでしたよ(笑)
別に悪さした訳じゃないけど(笑)
後日講習はメンドイですね~
一回で済ませたいもんですよ(汗)

凡ぢゃね?

いえ、別に良いっす。ゴニョゴニョ・・・・

どもども。
まだ終わったかどうか分かりませんが、結果待ちでござます。

なに?
アクアリストにあるまじき・・・・
ヒーター入れ忘れとな?
しかも、作者のナチュラル水温計って?
いやぁ〜〜ん♡
↑ナニ言ってんだYO!

寒い季節は、熱帯魚にも辛いのであるなぁ。
でも、寒いねぇ。ブルブル・・・・

No title

ADAの水温計折れましたか。
うちもありますけど、常に折らないように細心の注意をしているおかげか、折れたことありません^^
オシャレさもそうですけど、それよりも、吸盤でなくただ引っ掛けるだけなので、落ちたりしないってのが便利ですね。
そして問題は、折れるというよりも・・・・・
表面張力とサイフォンの法則により、水面がちょっと高いと水槽の水が水温計を伝って外へ出てきてしまうことですかね(-_-;)
それで何度水浸しにしたことか。

水温18度で死んでしまうんですか。
18度くらいなら、どうにかこうにか生きてくれそうなものですが・・・・・
熱帯の川は20~30度とかって言いますよね。
2度くらい誤差の範囲内な気がしますけど、無理なんですねぇ。
でも確かに、18度って手を入れると冷たいですよね><

キラスネだと皮が残るんですね!
うちは基本的に処理班はエビなので、骨しか残らないですね。
皮が残ってると、エビの脱皮跡に見えますねw
ちなみにエビは、目と内蔵から食ってますね。
内蔵がうまいのはわかるんですけど、目は・・・なんなんでしょうね?

さすがキラスネ社

18℃でいっちゃうんですね。
部屋で管理しているので棚の上と下で温度が違います。
上の段が25℃で最下段の水槽が22℃ですね。(汗
混じり抜きてtことは珍しいテトラだったんですね。
残念ですね。(^-^;)

ADAの水温系ってかっこいいですよね。まさかそんな弱点があったとは。
さすが葬儀はキラスネ社ですね。
完璧な仕事をしますね。

No title

あの水温計折れるよね〜
本当ならセロテープでとめて使いたいくらいだけど見た目が大事だもんねぇ。
それにしてもミスをボンのせいにしてるように聞こえてw
ボンミス。。。いや、ミスボン子!

やっぱりそれくらい水温下がるとダメなのね。
ヒーター大事とφ(`д´)メモメモ...

No title

温度計折れたか~。じゃなくて(汗)
熱帯魚をヒーターの付け忘れで死なせた。

そっちかい!

確かに高級熱帯魚を死なせたのはイタイですな~。
俺もヒーターの付け忘れで死なせたのは10年前くらいにあったようなないような。

もう昔のことですからあんまり覚えていませんね(汗)

そしてやっぱり!

キラスネ社でシメましたね!

オトシン社やプレコ社のほかにヤマトヌマエビ社もいたのでは。

自動車の免許更新は受付期間が始まったすぐに行き、パパッと更新を済ませましたね。
免許センターなんすけど、そこの食堂のラーメンの味はまあまあでした。
非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。