スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病の発生と対処法。そして・・・。

こんばんは~
最近、朝夕と涼しくなり必然的に水槽の水温も下がってきました。
すると出てくるんですよ・・・。




・・・。




白点病が・・・。




・・・。




おそらく現状維持で管理していれば発生しないものでも、新しく迎える魚から付いて来たりするんですよね。
白点病と言えば熱帯魚で最もポピュラーな病気ですし、特にネタにするほどのことでもないだろうと思ったのですが、我が家での対処法を簡単に書いてみたいと思います。

白点病は、ウオノカイセンチュウが寄生することで発症する病気です。
このウオノカイセンチュウは、25℃以下の低水温を好むため水温が上がる夏場には殆ど発生することがありません。
発病してしまった場合、この性質を逆手にとり水温を28℃まで上昇させます。
我が家では、最初に白点病を発見したときに、水換えとこの措置だけを行い様子をみました。
結果は、白点が消えるどころか増えましたけどね(笑)

次は薬の投入です。
我が家の水槽では水草も育てているので、水草に優しいとされるアグテンを使っています。
何故、最初からアグテン治療をしないのかと言うと、優しいとは言っても治療薬が水草に良いわけがなく、水草の種類によってはダメージを受けるからです。
過去の経験からいうと、ボルビディス・ヒュードロッティーは確実に状態を崩します。
同じく活着性があり、水中から栄養を吸う陰性水草のミクロソリウムの葉が茶色くなるケースもある。
そうした経験から、なるべく使いたくないんですよね(汗)

ちなみに塩での薬浴は、地を這う前景草にダメージを与えます。
これも経験済み。



・・とは言え、水温上昇で死なないのであれば薬を投入するしかないわけです。
水温は28℃設定のまま薬浴開始 。
今ではすっかり良くなりました♪

症状は消えても油断は出来ないので、水換えしたあとにもう一度アグテンを投入。
現在26℃設定で様子を見ていますが、今のところ再発の心配はなさそうです。




・・・。



しかし、問題はそのあとに起こるのでした・・・。
白点病の治療薬な訳ですから、当然水槽内のバクテリアにもダメージを与えるわけですよね(汗)
そうした状況では勿論、水質に影響が出ます・・・。
魚によっては弱る個体も・・・。






・・・。







ヘミグラムス・カエルレウス死亡・・・。








・・・。







サイズも体色もいい感じに成長してたんですけどね・・・。
残念です・・・。



・・・。



事件はL1水槽で起こったのですが、ここで無駄に散る命などあってはならないのです・・・。
それが自然の秩序であり、ここ修羅の国の掟でもあるのですから・・・。





・・・。






IMG_4863.jpg

葬儀はやっぱりキラスネ社!!!!




・・・。





カエルレウスはなかなかの大きめサイズだったので、キラスネ社から多くの社員が派遣されて来るのでした・・・。

実はこの模様。
ステルバイの動画に映ってたんですよ~
マッシュパパさんだけ気付いてましたね!!
さすがだな友よ(笑)

・・で、キラスネ社員の驚異の仕事ぶりとして後日のネタにしようと思っていたのですが、遺骨が元の場所になくてですね(汗)
恐らくプレコやロイファロが吹き飛ばしたのでしょう。
こうしてオチをなくしてしまい、急遽白点病ネタに変わったという訳です・・・。

残念ながら死んでしまったカエルレウスですが、その体はキラスネの血となり肉となりウンコとなる訳ですが、そのウンコも微生物や水草の糧となり、消えた亡骸さえも貴重なカルシウム源となって水槽の状態維持に貢献しているわけです。
何かが死ぬことで、今を生きる者への活力となる。
水槽の中とは言え、その小さな世界にさえも言葉に表せない輪廻のようなものが存在しているのかもしれませんね・・・。






では~




本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓

にほんブログ村 観賞<br />魚ブログ 熱帯魚へ

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメント

Re: No title

マッシュパパさんこんばんは~
うぬの拳、その程度か!!
ってなくらい利かないね(笑)
ただ水草絡みはちょっと面倒なんだよね(汗)
病気自体は全然苦にならないけど(笑)

パパさんは塩だよね?
寄生虫付こうものなら塩で揉むよね(笑)
白点なんかそら楽勝だわ(笑)

キラスネやべぇぞ友よ!!
まさにラオウ直轄の部隊並み!!
綺麗に骨だけになるから、その後の病気とか全然平気なのだ!!

No title

こんばんは^^友よ♪

んんんんんーーーーっ!!!
効かぬ!
我には効くかぬ!!
カイセンよ 主の拳は我には届かぬのだ・・・

むふふふ ちょっと得意分野なもんで つい一人で盛り上がってしまった(汗)
そう 私には白点病は効かないのだ まぁ 金魚飼育だけど♪
まぁ 指先ひとつで ってやつですよ(笑)
これは いわば登龍門みたいなもんだわな^^
そそ 水草とか併用している熱帯魚飼育は薬浴は ある意味 選択だよね

で やっぱ いい仕事するよね キラスネ社(汗)
治安維持活動みたい(笑)

Re: No title

サイレスさんこんばんは~
水草のこともあるので、うちはずっとアグテンですね~
ホントはメチレンブルーのほうが経済的でいいんですけどね(笑)
ヒコサンですか。
聞いたことないですね(汗)
というか僕の場合、使用中の薬に問題がなければ変えることも、薬について調べることもしないからですけど(笑)

取り敢えず水換えて温度上げて様子見ですよね(笑)
結局、他魚にも広がりましたけど(笑)
でも、アグテンで治るのを前提に考えてるので特に焦ることもないですよ(笑)
アグテンは、出来るコです(笑)

古代魚やナマズには良くないと書いてますよね~
そこはちょっと引っ掛かるのですが、長年使ってそれが原因で死んだ記憶はないですね~
ただ、水質にはどうしても何かしら影響はあるようですね(汗)
菌を殺すわけですから、何もかも都合よくいくわけないですけどね(汗)

No title

こんばんは。
自分も白点病の治療はアグテンなどマラカイトグリーン系の薬を使います。昔メチレンブルーを使っていて「全然効かないじゃないか」と思っていたのですが、ヒコサンが劇的に効いたので以来ヒコサンかアグテンをずっと使っています。
マラカイトグリーンは食べて直接吸収される養殖魚では禁忌とされている薬のようですが、飼っている魚なら体に直接入るわけでもないし人体には実害はないだろうと信じています。
温度を上げて水換えだけで対処での失敗は、自分も経験済みです。今では「薬できっちり治して長引かせないのが大切」と分かっていますが、やっぱり知らないと水槽に薬を入れるのは怖いものですよね。コリドラスなど薬に弱い魚がいると聞かされるとなおさら。

Re: 白点病

Craftさんおはようございます~
舌噛んで死にそうでしたか。
アグテンを処方しましょうか?(笑)
もう居ないので呼ぶこともないとは思いますが、カエルで伝わりますよ(笑)

新魚導入では何があるか分かりませんよね(汗)
それだけ持ってかれると涙ですね(汗)
アグテン治療でうちのロイファロは死にませんが、薬の強弱で影響はあるでしょうね・・・

白点病

ヘミグラムス・カエルレウス。。。。

あやうく舌を噛み切って僕も死ぬところでしたよ。

カエルじゃだめですか?

以前バンブルビーオトシン1匹を入れたら白点病が蔓延して

ステスリソマ バルバトムペア
ストゥリソマティクティス ライトニーペア
ファロウェラ アマゾナム
ファロウェラ グラキリス
ファロウェラ ヴィッタータ

が全滅しましたよ。(;-;)
今は水槽ごとの薬浴ではなくて、個体対応にしています。

Re: No title

みゆさんこんばんは~
白点病とかどうにでもなりますよ(笑)
かつてリセットまで追い込まれたのは、チャームの生体に付いてきた寄生虫ですね~
他のに転移しましたからね(汗)
あれはアグテンくらいじゃ死なない。
塩浴も水草が枯れるほどの濃度にしないとやばいし、寄生虫を殺すほどの薬は水草なんかすぐ枯らしますよ。

ショップでは良く見て買うことが出来ますが、通販はヤバいですよね~
普通はトリートメントしてから入れるのがセオリーでしょう(笑)

キラスネもあんまり好きじゃないみたいですよ~
薬入れたら潜り出します。
エビはレッチェリだけですが、死んだ様子もなく無事のようです。
というか、死んでも餌にしかならないので真相はわかりません(汗)

そのグリーンFリキッドは使ったことないので分かりませんが、メチレンブルー入れたら水草枯れますよ。
アグテンは大丈夫です。
水草が大丈夫な薬が他にもありましたが名前忘れた(笑)
買おうと思ったけど透明だったので、なんか薬浴させてる感じがしないんですよね(笑)
あの毒々しい青色がついてないと、菌を殺してるイメージが湧かないんです。
あくまでもこれは、自分の心境の問題ですが(笑)


Re: ウチといっしょっぷ。。。

ちっぷさんこんばんは~
最近のやる気のなさ、どうしたの?
覗きに行く度、グレートアマゾンじゃん!!

掬う必要ないよね?
だって、腐る前に骨になるんだから・・・
逆に腐食したのを放置してたらエライことになるけどね(汗)
うちのキラスネ社員、数十匹に掛かれば一晩で消える・・・

確かに、掬っれ弔うのがアクアブロガーなんだろうけど・・・
うちはペット色よりも、水槽の中の生態系という世界観で飼ってるから、これからもそれはしないかな~
勿論、上記の通り問題ないから放置するわけだけど(笑)
仮に魚が浮いてきたらアウトだよね~
腐って中でガスが溜まってる状態だから(汗)

ちっぷさんもたまには語っていいじゃん!
飼育スタイルもいろいろあるんだから♪

Re: No title

そらみちさんこんばんは~
キラスネめっちゃ働きますよ~
何故なら貝などとっくに全滅させているからです(笑)
だから死体に群がってくるんですよね~
昔は、水草に付いてきたトランペットスネールに泣かされましたよ(汗)

小型魚の病気は厄介ですね~
薬浴させても体力が持たないことが多いですから(汗)
ただ白点病は、けっこう楽に治ってくれますよ♪
ヤバイのはエロモと寄生虫ですね(汗)
これらは混入、発生させないことが重要です。
とは言っても、トーリートメントなんてしてませんが(笑)
起きたら起きた時に対処するのみ!

クラウンローチは強いですもんね!
我が家にもついこの間の夏までいたんですよ!
初期メンバーですよ!
亀吉と一緒にしてたのですが、急に牙をむき・・・
恐ろしいことになってしまいました・・・


うちはもっぱらアグテンですね~
水草水槽にぶちこめるので(笑)
一匹発病してる時点で、水の中に菌が蔓延しているでしょうからアグテンで消毒するんですよね♪
水温も上げて薬浴させれば白点病くらいなら抹消できます!
アグテンの利点は水草に優しいことなのですが、水中から直接栄養を吸うシダ系にはあまり良くないようです。
枯れるという意味ではありませんよ(笑)
時に葉の血色が悪くなる場合もあるということです。
ちなみに本文に書いてますが、ボルビは致命的でしたけどね・・・
でも、殆どの水草に耐性があると思いますよ!


寄生虫にトロピカルN、隔離用にメチレンブルーです。


No title

今晩は

白点ごときで動じない・・・さすがです!
うちはまだ白点の経験がないんですが、もし出たら大騒ぎだろうなあ・・・

最後にコリドラスを買った時に、ピロピロ寄生虫を連れていらして、、
もう死にそうでした(わたしが)
他のコリドラスにもうつってしまい、、、なまずは薬に弱いから規定量の1/3で
薬浴したのに、お腹を上にしてひっくり返ってしまい、、、慌てて更に薄めて、、
ばたばた、、、夜な夜な、、、水かえて、、、。
全員無事に復活したのが嘘みたいでした。
これからは絶対トリートメント水槽で観察してから合流させようと固く決心!
でも、あれから・・なにも買っていません。


エビは薬に弱いから薬浴はだめと聞きますが、キラスネは大丈夫みたいね?
アゲテンは水草OKなんですね?グリーンFリキッドと同じく水が青くなるみたいですが、成分は違うのかな?
あの毒々しい色に魚を浸けるのが・・・怖いけど、
メチレンブルーもグリーンFリキッドもアグテンも、そんなにきつい薬ではないんですよね?






ウチといっしょっぷ。。。

結局!
死んださかなを掬うことなく
餌にする!!
残酷だけどどこかのアマゾン川と一緒!orz

たしかにキラスネはいい仕事するよね~

でもホントは死んだ魚は掬って弔うのがブログのセオリーだよね!?
でもバクテリアに分解されると水の調子が良くなるときが多い、とも思うのは僕だけ?
むやみに死ぬときは水質が悪化するから流石に掬いだすけどね

っておっと!!
セーちゃんの語りが移ってもた!

No title

キラスネ社員、働きますねぇ。
それより貝食えよ貝!という感じですが
キラスネ社のセージ支店社員はよく働くようで・・・・
すでにスネール社は倒産に追い込んでますかねw

病気は発覚するとショックですよね。
小型魚なんかは、隔離して薬浴とかしても、なかなか病気に勝てずに死んでしまいますよね。
グッピーやカージナルを病気発覚して隔離薬浴を何度かしましたが、復活した試しがありません。
クラウンローチが尾腐れ病になったことがありましたが、中型魚(と言ってもうちはまだ小型)なだけあってか、しっかり治ってくれてめっちゃ喜んだことがありましたっけ。
なにせ病気は治らないものだと思って諦めてた部分がありましたので。
うちはもっぱらグリーンFゴールドリキッドで、薬浴の際には必ず専用ケースへ隔離します。
水槽の環境急変や、水草のことがあるので、水槽で直接は怖くてできません。
アグテンという薬は水草に優しいのですか。
今の薬がもうすぐ切れるんで、次はそれ買ってみようかな^^

Re: No title

ろーごさんこんばんは~
一応、枯れはしませんが多少のダメージはありますよ(汗)
今は使っていませんが、ボルビには最悪でしたけどね(汗)

エロモは常在菌ということもあり、どちらかというと魚の体調次第で発生しやすい気がしますね。
夏場はファンを稼働させても、どうしても水温が上がりやすいので魚の体調維持が難しいですよね(汗)
熱帯魚を絶対に死なさないで飼うというのは難しいですからね・・・
小型であればあるほど、抵抗力が弱かったりしますし。
全てを気にすると 、熱帯魚を飼うのが苦になるんじゃないかと思います・・・

小型カラシン80円は安い!
それならカージナルは買いでしょ(笑)
トゥッカーノテトラも80円で売ってたらカギコメで教えてください(笑)
大人買いするので(笑)

ラムホン社は立ち上げないほうがいいですよ(汗)
あいつら殖えすぎて、あとでどうしようもなくなるんで・・・
5匹くらいまでは可愛いんですけどね。
最悪、500匹くらいになりますよ・・・
うちでも昔、やられましたよ(汗)
でもそのラムホン社も、小さかった亀吉が倒産させましたけどね(笑)

No title

白点病の治療に水草にやさしいと言われるアクデンでも、やはり水草に害を与えるのですね。

うちのカージナルもここ最近気温の変動でファンを稼働させていなくて、結果水温が28度くらいまで上がりそのせいかエロモナス症にかかり1か月に1~2匹の割合で天に召されます。

あまりこういう考えはよくないのですが、また増やせばいいと考えてしまいます。
小型カラシンが1匹80円以下の熱帯魚店を3カ所知っていますから(笑)

俺も一匹一匹大事に飼いたいと思っているんですけど、どうしても死なせてしまいます。
これが悔しくて悔しくてしょうがいない。

キラスネ社。俺もラムズホーン導入してラムホン社でも立ち上げようかな(笑)
非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。