スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「清流記」

14話 「潜入」

グルミィ「おじちゃんまだいくのぉ~ あんなんじゃ全然足んないよぉ~」

男「もう少ししたらお店に着くからね♪ もう少しの辛抱だよ♪」

グルミィ「こんなとこに美味しいお店なんかあんのぉ~」

男「ああ!もちろんさ! お譲ちゃんほどのグルメならわかるだろ?隠れたところにこそ、いい店があるものなのさ♪」

グルミィ「うん♪知ってるぅ~♪アタシはグルメだからね~♪キャハ♪」

男「・・・・。」

男「さぁ、着いたよ・・・。 ここの個室を用意するからそこで待ってるんだよ・・・。」

グルミィ「うん♪わかった♪」

男「おい!誰かこのお譲ちゃんを案内しろ!」

部下A「はい!お譲さん案内します。こちらへどうぞ・・・。」

グルミィ「は~い♪」



別室にて・・・。


男「まだガキだが、ありゃ大人になったらなかなかのもんだぜ・・・。あ~いうのが好きな客も大勢いる。丁重に扱えよ!とりあえず騒ぐ前に、飯食わしとけ!最後のデザートに薬入れんの忘れるなよ。」

部下B「へい。わかりやした。」

男「オークション前にいい商品が入って良かったぜ。あれはなかなかいい値がつくぞ!売るまで薬でずっと寝かしとけ!いいな!」

部下B「へい!」




その頃・・・。




リヴ「グルミィちゃ~ん!!グルミィちゃ~ん!!」

リヴ「困ったな・・・・。集合までそんなに時間ないのに、一体どこに行ったんだろ・・・・。グルミィちゃんのことだから、きっとこの辺のグルメ街にいると思ったんだけど・・・。」

リヴ「すいません。お尋ねしたいのですが、髪が短い十代の女の子を捜しているんですけど心当たりはないですか?」

店主「もしかして、文無しの食いしん坊な女の子かい?」

リヴ「ご存知ですか?!」

店主「ご存知もなにも、うちで食い逃げしようとしたもんだからゲンコツでもかましてやろうと思ったら、男が出てきて金払ってくれたからよ~ 見逃してやったよ!」

リヴ「男?私くらいの若い人?それとも、髪を剃っている四十代くらいの人?」

店主「いいや~ 四十代くらいかもしれんが、髪は剃ってなかったな・・・。」

リヴ「・・・・。 その人達はどこへ?」

店主「あの方角へ向かって行ったな・・・。」

リヴ「あっちですね! ありがとうございました!」

店主「・・・。 お嬢さん!」

リヴ「??」

店主「あの方向は、ガラの悪い奴らがよく集まってる場所だ・・・。 あんたみたいな綺麗なコが行く場所じゃねぇ・・・。気をつけな・・・。」

リヴ「はい!ありがとうございました!」

・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。






・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

リヴ「ここら辺は貧困街・・・。初めて来たけど、なんだか暗いとこ・・・。」

リヴ「あの、すいません。短髪の女の子を連れた四十代の男性を見かけませんでしたか?」

浮浪者「・・・・・・・・。」

浮浪者は黙って先の道を指差した・・・。

リブ「あの通りを右ですか?」

浮浪者「・・・・・。 ああ・・・。 ドアの前に二人ほど見張りがおる・・・。 そこに入るのを見かけたよ・・・。ありゃ最近、あそこでコソコソ悪いことをしとる連中じゃ・・・。お嬢さん・・・。くれぐれも気をつけな・・・。」

リヴ「わかりました! おじいさんありがとう!」



リヴは急いで、向かいの通りを目指した・・・。



浮浪者「・・・・・・。 こんな身なりのワシにありがとうか・・・。 そんな言葉をかけられたのは、いつ振りじゃろうか・・・。 神様・・・。どうかあの子に御加護を・・・。」





リヴ「あそこね・・・。 おじいさんは二人と言ってたけど、見張りは一人になってる。 でも、なんでグルミィちゃんがあんなところに? 私はどうしたら・・・。」

リヴ「ええい!考えても仕方ない!正面から訪ねるしかないわ! 勇気を出すのよ私!」

見張り「ん?誰だお前?ここになんか用か?」

リヴ「私、友達を探しているんです。それらしいコがここに入るのを見たって・・・。それで、会わせてもらいたいんですけど・・・。」

見張り「友達だぁ~ ・・ああ、ボスが連れてきたあいつか? ヘッヘッヘッ・・・。いいぜ。入りな!」

リヴ「あっありがとうございます・・・。」



リヴは見張りに連れられ中へ・・・。




見張り「ボス。さっきのガキを訪ねて女が来てますぜ! しかも、絶品ときた!ボスもあれ見たらたまげますぜ!」

ボス「ほう~そんないい女か。 今日はいい収穫日だな! よし、通せ!」

見張り「ええ。」

見張り「おい、入れ!」

リヴ「・・・。」

ボス「!?  これはこれは美しいお嬢さん・・・。お友達に会いに来たのかい? お友達なら今部屋でご馳走を食べてるところだ! 君も一緒にどうかな?」

リヴ「会わせてもらえるんですね! グルミィちゃんはどこ?」

ボス「もちろんだとも!君のような美人の頼みごとを断るわけないだろ! さぁ、俺が案内しよう・・・。」

リヴ「・・・・。」

ボス「・・・・。よくやった・・・。 オークションが終わったら褒美をやろう!」

見張り「ホントですか!ありがとうごぜいやす!!」




そうすると男は、グルミィのいる部屋へ・・・。




ボス「君のお友達はここにいるよ。 さぁ、入るといい・・・。」

リヴ「・・・・・。」




ドンッ・・・・。  カチャッ・・・・・・。




グルミィ「あっ!!リヴちゃんも来たぁぁぁ~♪ このお店美味しいよ♪頼んだら頼んだだけ料理が来るの♪隠れた名店なんだってぇ~♪今からお菓子食べるとこなの♪♪   モグモグ・・・・。」

リヴ「・・・・・。 よく聞いてグルミィちゃん。ここはそんなお店じゃないのよ・・・。早く逃げないと・・・。」

グルミィ「え?なんで?食べ物いっぱい出てくるよ?」

リヴ「それはグルミィちゃんを連れ去るための口実。 きっとあの人達、私達を売り飛ばす気よ・・・。オークションがなんとかって言ってた・・・。」

グルミィ「えぇぇぇぇぇ~!!!!!アタシ騙されてたのぉぉぉぉぉ~!!!!!!」

リヴ「グルミィちゃん声が大きい!今だって鍵掛けられてる!ここから出る方法考えないと・・・。」 

グルミィ「そんなの簡単だよ~(笑)」

リヴ「えっ??」








ドゴォォォォォォォォォォォォォーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!



グルミィ「ほらね♪こんなの簡単、簡単♪ キャハハハ♪」

リヴ「グルミィちゃん凄いっ!!」

グルミィ「そうだよ~♪ アタシは凄いんだよぉぉ~♪ キャハ♪」

部下A「おい!何事だ!! みんな来いっ!!」

部下A「ドアが・・・。こいつら爆薬でも持っていやがったな!!!」





・・・すると、男達がワラワラと集まり始める・・・。
二十人はいるだろうか・・・。



部下A「気をつけろお前らぁ! こいつらドア破りやがった!なんが持ってるぞ!!」

ボス「おいおい、何事だ・・・。」

部下A「ボス。ガキ共がドアを・・・。」

ボス「・・・。 危ないね~ 可愛いお譲ちゃん達・・・。 さぁ、危ない物はこっちに渡して食事に戻ったらどうだい?」

リヴ「嫌よ! 一体私達をどうする気!!」

グルミィ「おじちゃん騙したね!! も~う、許さないんだから!!」

ボス「ハッハッハッハッ♪ 女二人で何が出来る? お前達は後日オークションで好き物な変体共に買い取られ、その変体共の相手しながら一生奴隷として生きるんだよ! まさか連れて来たガキをエサに、もう一匹上玉が釣れるとはなぁ~ 笑いが止まんねぇ~よ!!ハッハッハッハッ♪」

ボス「ヤロウドもぉ!! こいつら大事な売りもんだ!! 丁重に扱えよ!!」

部下A「はい!おまえら取り押さえろっ!!」




おおぉぉぉぉぉぉ~!!!!!!!!!




グルミィ「リヴちゃん!後ろに下がって!!」

リヴ「うん・・。」



そういうとグルミィは破ったドアを掴む・・・。




グルミィ「キャハハハハハハハハハハ♪♪   行くよぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーー♪♪」




グルミィはドアを、敵に向かって投げつける!!!



ブンッ!!



ドガガガガガガガガガッ!!!!!!!!!!!!!!!




部下「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!!!!」





まるで、フリスビーかのように重いドアが宙を舞い、そのまま敵に襲いかかる!
なんの気構えもなく、無防備に迫ってきた男達・・・。
二十人はいたであろう敵が、半分以下になってしまった・・・。



グルミィ「まだまだ行くよぉぉぉぉぉ~」




グルミィは、壊れた石壁を持ち上げる・・・。




部下「おっ、おい!!!マジかよ!!! あいつバケモンだ!!!!!」

ボス「!!!!!!!!!」

グルミィ「これで終わりぃぃぃぃぃぃ~」

リヴ「グルミィちゃん、凄い!!」



ドオオオオオオオオオ~ン!!!!!















・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。
急に、持ち上げた石壁を落とすグルミィ・・・。



グルミィ「あれ・・・・・。 なんだか眠くなっちゃった・・・。 」



ドサッ・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




グルミィ「ZZZZZZZZZZ。」

リヴ「!?」

ボス「やっと薬が効きやがったか・・・・。 ビビらせやがってやがって、この怪物女がぁ~    お前は大丈夫なんだろうなぁ~」

リヴ「グルミィちゃん!グルミィちゃん!! しっかりして!!!」

ボス「おいお前!! 今のうちに、あいつを捕まえろ!!」

部下C「えっ?」

ボス「え?じゃね~!! 残りのあいつを捕まえろって言ったんだよ!!」

部下C[でも、ボス・・・。あいつもバケモンだったら・・・。 ここはあの方に頼んだ方が・・・。」





男は懐から短剣を取り出し、部下の頭に突き立てた・・・。





ボス「よ~し・・・。つまりお前は今すぐ死にたいわけだな・・・。 今すぐ死ぬか、あいつに殺されるか、お前の道は一つだ・・・。」

部下C「・・・・・・・。  うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!!!」

ボス「なにをボサっとしてる! お前ら全員で捕まえるんだよ!! 行けっ!!! いいか傷つけんじゃねーぞ!!!」

部下達「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーー!!!!!!」

リヴ「グルミィちゃん!! グルミィちゃん!!」




・・・・・・。
・・・・・・・・・・。
地下に響く、男達の声・・・・。
二人はこのまま捕まってしまうのだろうか・・・・。






本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

Re: タイトルなし

ゆきちゃんこんばんは~
14話を読んでる!!
1話から、ここまで辿り着いたの?!

って、誰が浮浪者だYO!!
忘れてて、読み直したわ!!
ありがと言われて感動するって、どんだけ人付き合いしてないんだよ俺!!
あれは、フツーに浮浪者!!
俺じゃねーYO!!

でも読んでくれてるんだね♪
素直に嬉しいよ♪

あー!わかった!!
この浮浪者の名前が
セージなんだね??

クライドの親父と二役だなんて欲張り~

スマホだと読みやすいことに気づいたよ。

Re: だあぁぁぁ3

あめちゃんこんばんは~
アホは誰か?
胸に当てて考えてみた…。
あめちゃん!!

あめちゃんもその微小な胸に手を当てて考えてごらん…。
アホは誰だ!!

だあぁぁぁ3

アホはだれか、よ~~く胸に手をあててごらん。
ほらっ、ほらっ、ほらっ~~~♪
ドアホめ・・・

Re: だあぁぁぁ2

あめちゃんこんにちは~
アホめ…。
集合時間になっても来ないから、クライドと他の仲間が駆けつけるとでも思ってるのか…。
アホめ…。
みんなそう思っとるわ…。
そう思わせるために、ワザと昼集合にしとんのじゃ…。
アホめ…。
実は違うとこで餌まいとっつたんじゃ…。
アホめ…。
次回の話もちゃんと先で繋がるから見とけ…。
アホめ…。

Re: タイトルなし

雪だるまさんこんにちは~
起きてれば、グルミィいるだけで大丈夫なんですけどね(笑)
この展開は、次の話に進むつなぎです(笑)
さぁ、ほっとけない二人どうなるか…。
少々お待ちを…。

Re: No title

こんにちは~
マジっすか!?
こっちは若干暑いですよ~
明日から少しずつ涼しくなりそうです♪

そうです…。
食う寝る遊ぶの三セットをきっちりこなしましたね(笑)
グルミィにとって戦いは遊びみたいなもの…。

本格戦闘はもう少し後ですかね~
その後のベタなシナリオとはちょっと違います…。

リヴ…。
ちょっと話せないですね~

だあぁぁぁ2

この展開ありきたりやけどおもしろいわ、ダーーーー!!!
リヴのモデルがうちちゃうんやったら売られちまえ~~、ダーーーー!!!
どうせ自分モデルのマキクロード、クララ、クロスケ、クラ・・なんちゃらが助けにっくるってかーーー!!!
あ、ぜんぜんストーリーに口出ししてへんさかいにな。
いちゃもんつけんといてや~~、ダーーーーー!!!

こんにちは(^_^)
前回グルミィちゃんが危なっかしいって思ったけれど、リヴちゃんもですかΣ(゚д゚lll)
なんだかほっとけない二人ですね~

No title

おはようございます^^
一気に寒くなりましたね!
半袖 今日は絶対 服装 間違った マッシュパパです

いや~ グルミィ なんだか おもしろいど
個性が ほんと よく表現させていますよね^^
食べて 笑って喜んで キレて ぶちかまして 寝たーー!!(笑)

いやいやキャクターの戦闘能力が ここで少し出ましたね
これの本格戦闘 楽しみですよ!!

しかし リブちゃん 困った!
頑張れ~♪

Re: さあ、リヴちゃんの運命はいかに

タカダさんおはようございます~
そう言われれば確かに(笑)
うんちゃーってつければアラレちゃんだ…。
意識はしてなかったんですけどね~

次の展開は妄想済みですが…。
秘密…。

今朝は道路も乾いてて、いい天気になりそうですね~
でも、朝から半袖でいいような蒸し暑さが…。
明日から少し涼しくなりそうですね~

さあ、リヴちゃんの運命はいかに

グルミイって、アラレちゃんみたいやねえ。
そんで、クスリが効いてきて寝とるし・・・・
あ~、おもろ話のコツってやつやなあ?
安心させておいて、次、どうなるの的な・・・・(笑)

2時、だいぶ風も弱まりました。
台風、行ってもうたみたいです。
今日は、台風一過で快晴かな?

Re: No title

Goshinさんこんばんは~
もちろんですよ!
100%僕の妄想です!!
いや~それほどでも~(笑)
アクア神拳でアウトでしょ(笑)
あと、シナリオとか人から口出されるとやる気が消えるので、そういうのは向かないと思います(笑)
100%自分でやらないと、人のものみたいで嫌なんですよね~
そこら辺はB型ですね(笑)

No title

(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪

これ全部セージくんが自分で考えて書いてるんやんな?
スゴイんちゃうの?
マジで物書きとしての才能があるんちゃうか?

出版社に持ち込んでみたらええで(*´∀`*)

Re: タイトルなし

じいちゃんこんばんは~
関東は真っ只中なのかな?
パソコンの前に座りっぱなしで、わかりませ~ん!

もはや台風とかした、このやる気・・・。
もはや北上するしかねぇ!
じいちゃん宅の金魚とお菓子を奪いにいくぜ!
激辛ペヤングはいらん!

リヴの決断と勇気!
完全にレベルあがってる~
強さはまだまだですけどね~

グルミィという猛獣を使いこなす前に、猛獣寝ちゃったよ・・・。
まだまだ力は弱いリヴに手はあるのか?
はたまた助けがくるのか?
期待していてください!

Re: こんばんは^^

ホルさんこんばんは~
グルミィ・・・。
きっちりおかし食べてました・・・。
おかしさえ食べてなければ・・・。
これは、知らない人に着いて行ってはいけないという、僕のメッセージ・・・。
良い子のみんなは真似しないでね!
この後の展開・・・。
妄想済み・・・。

今晩わ☆ッス☆

台風、只今富山に大接近中~( ̄∇ ̄*)ゞごぉごぉと風が唸っちょりまする(><*)ノ~~~~~

てかこの嵐の中、またまた更新されとる~!セージ氏、メッチみ波…ならぬ風に乗ってますなぁ~♪

今回はリヴちゃんの、クライドを追っかけてきた時同様(あん時は叔母さんに背中を押されてはいるけど~☆)決断の速さ、なかなか肝の座ってころをたし出してきましたねぇ~(//∇//)

グルミィの無茶苦茶ぶりを、リヴちゃんがどこまで操作していくか(笑)弓使い兼猛獣使いリヴ☆なんちてq(^-^q)

さてさて、まだ危機は脱してないし!どうなるか!次回こうご期待☆←ッテナンデワタチガイウトルト~!

こんばんは^^

グルミィは当然の結果に(笑)
やっぱり知らない人に着いて行ったらダメですね><
ここからどうやって窮地を切り抜けるのか・・・♪

非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。