スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「清流記」

12話  「信頼」


クライド「リヴ!?どうしてここに?」

タカ「お譲ちゃん?」

リヴ「こんばんは・・・・。 あの・・・。私・・・。」

クライド「もしかして、何かあったのか?」

リヴ「・・・。違うの・・・。 あの・・。」 




高鳴る鼓動。呼吸に飲み込まれそうになりながらも、リヴは大きく息を吸い込む・・・・。




リヴ「私も連れて行ってください! 私に出来ることなら何でもします! あなたの力になりたいの!!」

クライド「えっ!? もしかしてまた家を出てきちゃったのか?」

リヴ「今回は違うの。叔父さん達にはちゃんと話をして、承諾を貰ってる。 これは私が自分で決めたことなの!」

クライド「リヴ・・・。」

タカ「一体、何を言っとるのだお譲ちゃん。これはピクニックとは違うのだぞ!」

リヴ「わかっています。それでも私・・・。」

クライド「リヴ・・・。」

タカ「いいや!わかっとらんわ!!我は足手まといになるから困ると言っておるのだ!」

クライド「タカさん言い過ぎじゃ・・・。」
 
クライド「・・でもな、リヴ・・・。この任務はホントに危険なものなんだぞ! 森で出会ったような連中がいっぱいいて、そういうやつらを相手にしなくてはいけないんだ・・・。どれだけ危ないかわかるだろ?」

リヴ「わかってる・・・。覚悟がなければこんなとこまで追ってきたりはしない・・・。お願いクライド!私も一緒に!!」

クライド「参ったな・・・。それは僕の判断では決められないんだ・・・。」

マッシュ「一体どうしたと言うんだ? その人は誰だ?」

クライド「あぁ・・・。すまない・・・。」


そう言うとクライドはドアの脇に身を寄せた・・・。
クライドに隠れて見えなかったリヴがマッシュの視界に飛び込む・・・。



マッシュ「!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




マッシュ「・・・・・・・・・。       (美しい・・・・。 バランスの取れた顔つきに大きな瞳、透き通るような白い肌、サラサラとしたしなやかな黄金の髪に無駄のないスレンダーな曲線を描く体系・・・。 まさに女神だ・・・・。)  」

クライド「ん?どうしたマッシュ、ボーっとして??眠いのか??」

マッシュ「ゴホっ・・・。いっいや・・・。そっその・・・。じょじょ女性は、もっもしや、話していたリッリ・リ・リリヴさんか??」


クライド「ああ♪ 紹介するよマッシュ、この子がリヴだ♪   リヴ・・・。この人が会う約束があったマッシュ王子だ♪」

リヴ「あっ・・。はじめまして王子。私はリヴ。クライド達とは旅先で出会って・・・。」



マッシュはリヴに見とれている・・・。



クライド「マッシュ、聞いてるのか? どうしたんだ一体・・・。大丈夫か?もしかして疲れてんのか??」

マッシュ「あっ、ああ・・・。大丈夫だ・・・。すまない・・・。       そそそそうか・・・。君がががガガガリヴか・・・。 私はマっマッシュ・・・。 よろしくたっ頼む・・・。」

クライド「リヴも俺達と同い年なんだぜ♪ なぁ、リヴ?」

リヴ「うん・・・。」

タカ「ゴホン!! 紹介はすんだな・・・。それでは我らは明日に備えねばならん。お譲ちゃんも今日はグルミィの部屋に泊まって、明日の朝帰るがよい。」

リヴ「・・・。 イヤです!!私はあなた達と行く!!そう決めたんです!! 」

タカ「そう言われてもなぁ・・・。 マッシュ様・・・・。どしたものでしょう?」

マッシュ「いっいいいいいのではないか? 本人も行きたがっているのであれば僕はかまわないよ・・・。」

クライド「 (マッシュ今、僕って言った?) 」

タカ「マッシュ様まで何を!遊びではないのですぞ!!」

クライド「タカさん・・。リヴの決意は本物だよ。リヴは僕が守る!どうか認めてやってくれ!」

タカ「・・・・。これは戦いだ・・・。武器が使えるのが最低条件。お譲ちゃん・・・。一体お主に何が出来ると言うのだ・・・。」

リヴ「私にも使える武器はあります!」


そういうとリヴは荷物の中からあるものを取り出した・・・。


リヴ「これが私の武器。」

タカ「弓か・・・。ただ持つのと使うのでは意味が違うぞ・・・。それを証明できるのか?」

リヴ「はい・・・。出来ます。」

タカ「よかろう。それでは表に出るがよい・・・。」

リヴ「はい・・・。」

クライド「おっおい・・・。」

マッシュ「・・・・・・・。」

グルミィ「zzzzzzz。」







タカ「それではこのリンゴをその場所から射抜いてみよ!これくらい出来るな・・・。出来ねば明日帰る。よいな?」

リヴ「・・・はい。射抜くことが出来れば共に行けるのですね?」

タカ「・・・・。出来ればな・・・。」

クライド「ちょっと待ってタカさん!こんな夜中の視界が悪い状態で、その距離からリンゴなんか射抜けるわけないよ!せめて明日の朝からでも・・・。」

リヴ「いいのクライド・・・。これくらい出来なきゃ仲間に出来ないってこと・・・。タカさんに認めてもらうにはこれくらいクリアしないと・・・。」

クライド「リヴ・・・。」

タカ「よし!射抜いてみよ!!」

リヴ「はい!!」



リヴは狙いを定める・・・。
そして・・・。



シュッ・・・・。 
サクッ・・・・・・。


クライド「おおおおお!!!!!! 凄いよリヴ!! まさかこんな才能があったなんて!!」

マッシュ「・・・。   (美しい・・・。) 」

タカ「・・・。 少しは使えるようだな・・・。」

リヴ「それじゃあ!!」

クライド「良かったなリヴ!!」

リヴ「うん♪」

マッシュ「・・・。    (笑顔は可愛い・・・。) 」

タカ「待てっ!! まだ旅を認めるとは言っておらん!! これは弓を使えるかどうかの判断だ・・・。それだけでは認めるわけにはいかんわ!!」

クライド「そう何人もこれと同じことを簡単に出来るとは思えません! 一体何が不服なんですか!!」

リヴ「じゃあ・・・。次はどうしろと・・・。」

タカ「・・・・・・。」




タカはもうひとつのリンゴを自分の頭の上に乗せた・・・・。




タカ「これを射抜いてみよ! そうすれば同行を認めよう!!」

クライド、リヴ「 !? 」

マッシュ「・・・。   (驚く顔も可愛い・・・。) 」

クライド「いくらなんでもやりすぎですよタカさん!! 外れればまだしも、タカさんに当たったらどうするんです!!」

タカ「我は矢など恐れはせん。 いいかクライドよ・・。 戦場で大事なものはなにも技量だけではない! 人が生き死にするあの場所では、こういう選択を迫られることもあると言うことだ! 常に平常心を保てなければ、戦場に置いて技量などなんの役にもたたんわ!どのような状況に置いても力を発揮出来るという心の強さを見せてみよ!」

リヴ「・・・・。」

タカ「さぁ、構えよ!! 見事リンゴを射て、お主の力を我に証明してみよ!!」

リヴ「・・は・・い・・・・。」


リヴが弓を引く・・・。


タカ「どうした?手が震えておるぞ! さぁ、やってみよ!!」

リヴ「・・・・・・・。」

クライド「リヴ・・・。待て・・・。」

リヴ「??」

クライド「タカさんそのリンゴを僕に!」

タカ「お主・・・。」


そういうとクライドはタカに変わってリンゴを頭の上に・・・。


クライド「リヴ心配するな!!もし外しても俺なら当たる前に矢を捕らえることが出来る!!   ・・もっと、肩の力抜いて・・・。」

リヴ「クライド・・・。でも、やっぱり危ないよ! 私・・・。撃てない・・・。」

クライド「大丈夫だリヴ!! 君なら出来る!! だってその為にここへ来たんだろ!!もっと自分を信じろ!! さぁ、構えて!!!」

リヴ「クライド・・・。ありがとう・・・。私、やっぱりあなたの事が・・・。」



リヴが弓を引く・・・。
するとクライドが目を・・・・。



タカ「馬鹿な!!目をつぶるでない!!我ならともかく、お主のその体では当たれば致命傷だぞ!!」

リヴ「!?」

リヴ「クライド・・・。私なんかを信じてくれてありがとう・・・。      ・・私も自分を信じる!!」



・・・ヒュン。

弓から矢が放たれる・・・。
クライドは目をつぶったままだ!!
そして・・・。



サクッ・・・。
矢は的確にリンゴを射抜いた!


クライド「おみごと♪」

リヴ「クライド!! やった♪♪」

タカ「まったく冷や冷やさせおって・・・。信頼か・・・。まったく・・・。これではもはや文句のつけようがないではないか・・・。」

クライド「タカさん!!これでリヴを認めてもらえますね?」

タカ「無論だ!騎士に二言はない・・・。」

クライド「 (いや・・・。さっき、あったよね・・・。) 」

クライド「・・・とにかく、良かったなリヴ!!」

リヴ「うん♪クライドのお陰だよ♪ありがとう♪」

クライド「いやいや、リヴの実力さ!それにしてもその腕・・・。一体誰に習ったんだい?」

リヴ「小さい頃からお父さんにずっと教えてもらっていたの・・・。お父さんが亡くなってからも、一人で近くの森で練習してた・・・。弓の練習をしてるとお父さんが傍にいて見てくれてるようで・・・。ずっと・・・。  叔父さんはそんな私を狩りに誘ってくれたりもしたけど、生き物を撃つのはどうしても怖くって・・・。    でも、クライドが私を信じてくれたから私も自分を信じることが出来た・・・。 クライド・・・。アリガトね・・・。」

クライド「そうだったのか・・・。 その弓には大切な思い出があるんだね・・・。」

クライド「マッシュも見てただろリヴの実力!問題ないよね?」

マッシュ「・・・。    (なんて綺麗なんだ・・・。) 」



マッシュはリヴに見とれている・・・。

クライド「マッシュ!!」

マッシュ「あ、ああ・・。もちろんだ!!歓迎するよリ・・・。リ・リヴさん・・・。」

リヴ「ありがとうございます♪ よろしくお願いします♪」

マッシュ「・・・。 (ああ・・・。どうか私の后に・・・。) 」

クライド「・・・。マッシュ大丈夫かな・・・。」

クライド「それじゃあみんな、宿に入って休むとしよう! (マッシュも疲れてるみたいだし・・・。) 」

・・・・・。
・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・。




・・かくして、正式に仲間に加わることになったリヴ。
その場を後にする一行だが、そこには闇に潜む一つの影が・・・。
この時、それに気づくものは誰もいない・・・。




本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(ファンタジー)
ジャンル : 小説・文学

コメント

Re: タイトルなし

雪だるまさんこんばんは~
(苦笑)にうけました(笑)
気さくな人格者も美女には弱い(笑)

リヴへの感情は、一応ほとんど心の声。
しゃべるとリヴには緊張してしまうという、人間臭さが売りです(笑)

どこまで食い込めるか・・・。
応援してあげてください!

Re: ポポ~~ン

あめちゃんこんばんは~
なんでだよ!変態からまず抜けろ!
ダンナさんいたの?逃げられたのかと・・・。
あめちゃんに似てないから、似てるといわれるとイメージ壊れるの・・・。

ポポってなに?
検索したけど、画像でミスターポポなら出てきたよ!
あれあめちゃん♪

マッシュ……(苦笑)
これからは彼から目が離せませんね♪
三角関係と言うか、多分マッシュは入る事すらかなってないんだろうな(>_<)

ポポ~~ン

あ、そうなん。オトコは緊張すると変態になるの?
知らんかったもんでごめんや~~!!
あ、でもうちのダンナもそうかも。
せやけど、うちがリヴ似てたらなんでイメージ壊れるん?
どんだけ失礼なセクハラ親父やねん。
セージ親父はポポって何か知らんの?お気の毒や。
うちにはミスターポポのほうがさっぱりわからん。

Re: Re: Re: ポポ

あめちゃんこんにちは~
キモくないわ!
ただ、緊張してるだけだ!
なんでリヴがウィリアムで、あめちゃんに似てんだよ!
イメージ壊れるから止めて!
いつも思うんだけど、ポポって何?
もしかして、あめちゃん実はミスターポポのモデルだったのか~

ポポ

マッシュ王子、ただの変態やん。
好きならスキって言っちまえ!!
それがオトコってもんや。
これからリヴをウィリアムと呼ぼう。
それにしてもリヴは、うちそっくりやん(ΨvΨ)ポポ

Re: なんとまあ

タカダさんおはようございます~
もう自分に課題を与ました…。
初の一週間毎日更新というものを!
今日更新すれば完遂…。
そろそろ落ち着きます…。
といつも言っていますが(笑)
ご心配ありがとうございます♪

Re: No title

マッシュパパさんおはようございます~
美とは洗練された美しさ…。
しかも可愛い性格…。
もはやマッシュに他の逃げ道なし!
こっちは真面目に言ってみました(笑)

マッシュ金魚王子のアバターが恋をしました(笑)
モデル同様走り出したら止まらない~
恋の暴走列車に乗りましたね~

あれ?マジっすか!?
ただ動揺を表現するために、テキトーに書いたのに(笑)
心のリンクもバッチリですな(笑)

なんとまあ

ま~た更新されとる。
すんごいぞ。セージさん。
はりきってるねえ。
こうなっては、もう誰にも止められん。
倒れるまで、書くがよいぞ。(ってホンマに倒れるで)
体と相談しながらやってや。

No title

こんばんは~^^

なに~!やっちまったなぁ~!!
男は黙って 惚れとけ
男は黙って スレンダー美人♪
・・・なんだか冒頭は芸人ネタでなければならないような気がした
マッシュパパです^^

そうかぁ・・・ 王子 わかるよ!その気持ち
私も 金魚との出会いは まさに そのような状態だぁ
見とれる気持ち うん わかるよ 王子よ!

しかも ここだけの話し 文面では「私」と自分を表現していますが
実際の 素の私は「僕」ですし^^
ちょっと ドキっ!っとした(笑)ほんとお会いした事あるかの如く
さっすが心の友♪


No title

Gloomy-Lさんこんばんは~
いやいや、タカは落ちてませんから…。
タカは根っからの武人なので、多分恋はしません…。
ちなみにじいちゃん(マッシュパパさんネタ)は女捨ててるしね(笑)
鼻ほじってちゃ、リヴちゃんに嫌われるぞ…。

弓!
上達の秘訣は父さんネタね!
非力なキャラは回復系ですが、まだこの世界に魔法を取り入れるかどうか迷っているとこなので…。
やっぱり美女はここでしょ!

クライドへのリヴの思い、マッシュの一目惚れ、恋愛に鈍感なクライド…。
この辺を物語を進めつつ、個人の心情を書けたらいいですね~

いやいや、じーちゃん作者ナメたらいかんよ!
わたくし、大の戦闘好き!自信も総合格闘技やっていて、ジャンプは主に王道の戦いもの推し!
これはまだまだ序の口ですぜ!じい様!
今はちょっとした人間関係の構想中ですな…。

セージ氏ィ~!!

ヤバイよやばいよ~!←コンドハ出川カイ …

タカチンだけでなくマッシュ王子までもリヴちゃんの美しさにノックアウトでしかぁ~( ☆∀☆)
てか女子のグルミィも同性ながらノックアウトされてるしね(*≧∀≦*)

そうか!弓か!そこ盲点やったぁ((( ̄へ ̄井)確かに弓使いは美人と相場は決まっちょるぅ(//∇//)
ついでに男子のハートも射抜いてもうたぁ(*≧∀≦*)

ヤヤヤ…これから旅の中でリヴちゃんを巡るヨンカク関係…(イヤイヤ、コノサキモナカマガフエテ五角六角七角……最終的ニハ○にナッタリシテ☆ワキャキャ☆)こりゃ冒険恋愛ストーリーでふな♪
非公開コメント
追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。