スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーター・アーツ引退試合 ~後編~

こんにちは~
会社の忘年会も終わり、ようやく正月休みに入ったセージです。



・・・。



さて、いよいよアーツ最終章。
ついに終了のゴングが打ちうならされた最終ラウンド↓

resize0471.jpg


・・・。


いよいよ裁定の時・・・。
両者に緊張が走ります↓

resize0472.jpg

・・・。

最初の判定はアーツ!!
アーツの勝利を望む日本のファンはここで大歓声!!!
気になる残りの判定は・・・。

・・・。

二人目、リボーベン!!

・・・。

判定は二つに割れ、勝者は最後の審判の手に委ねられることに・・・。






・・・。





そして最後に名前をコールされたのは・・・。






・・・。








・・・・・・・・・。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






resize0473.jpg
リコ・リボーベン!!!

両腕を掲げて勝利をアピールするリボーベン。
やや納得のいかない表情で呆然とするアーツの姿は、今でも忘れられません・・・。
個人的には、攻め続けたアーツが勝ったかと思いました・・・。
しかし、その攻撃をしっかりとガードし、ローキックを主体に有効打を入れたリボーベンに軍配が上がる・・・。

勝負の世界は残酷です・・・。
両選手が全身全霊を出し切り、死闘を繰り広げたとしても勝者は一人。
ましてや、キャリア最後の試合となる場を日本に選んだアーツは、勝利を日本のファンと一緒に分かち合いたかったことでしょう・・・。

「勝ちたい・・・。」

いや・・・。

「勝つんだ!!」

そう言った魂の叫びさえも聞こえて来そうなアーツのファイトを、作者は結果云々よりも称えてあげたい・・・。





・・・。




でも、そんな気持ちを持っていたのは作者だけではなかった・・・。

resize0474.jpg

勝利者コールの後、アーツを高々と掲げるセコンド。
涙ぐましい光景である。


・・しかし。


この人のTシャツの文字を良く見て欲しい・・・。

・・・。

「TEAM RICO」と書かれている。
そう、この人はリコ・リボーベンのセコンドであり、アーツのセコンドではないのです。
試合が終わればノーサイド。
アーツの健闘を称え祝福する敵のセコンドと対戦相手のリボーベン。
キックボクシングを長きに渡り牽引してきた男は、皆に尊敬される存在なのです・・・。

resize0475.jpg


試合後、家族(写真手前)が見守る中、ファンの声援に答えるアーツ↓
resize0476.jpg

異国の地で愛される偉大な父の姿は、この子供たちにどう移ったのか・・・。


・・・。


ここからついに、日本で戦い続けた二人のファイターの引退セレモニーへと突入↓

resize0477.jpg

今大会で現役引退となるピータ・アーツと、これで日本でのファイトは最後となるレミー・ボンヤスキー。
(レミーは海外で、ミルコ・クロコップを相手に正式な引退試合を行う模様。)
ここで関係者から、次々と花束を贈呈される。
その中には、日本を代表してK-1で戦ってきた武蔵選手と魔娑斗選手の姿も。
和やかに談笑する場面から、関係者全員リングの外へ・・・。

・・・。


そしてアナウンスが流れ、二人に最後の10カウントが打ち鳴らされる・・・。

resize0478.jpg






カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・カン・・・・・・・。








最後の10カウントを聞き終えた二人の戦士は、まだゴングの余韻残る中、互いの素晴らしきキャリアを称え合った↓

resize0479.jpg

アーツとボンヤスキー。
かつて練習仲間でもあった二人は、この時何を思ったのだろう?



・・・。



静けさから一転し、多くのファンから声援が沸き起こる!!
カメラを向け続けた作者も思わずここで
「アァァァァーーーーーーツゥゥゥゥゥゥーーーーーー!!!!!!!!」
と叫んでしまった・・・。
そんな作者を含めた全てのファンに、深い感謝の意を込めてアーツが・・・。↓

resize0482.jpg
resize0480.jpg
resize0481.jpg

リングの中では「20世紀最強の暴君」と恐れられ、代名詞とも言えるハイキックで数々のライバル達をマットに静めてきた。
そんな漢がリング上で深々と頭を下げる・・・。

かつて90年代・・・。
若き頃より最強の名を欲しいままにしてきたアーツ・・・。
98年に行われたK-1GPで、佐竹雅明、マイク・ベルナルド、そして決勝でアンディー・フグを1RKO葬した様は圧巻でした。
しかしアーツも、気が付けばもう43歳。
2000年に入ってから「ピークは終わった」と言う声も多くある中、それでも上を向きトップ戦線で活躍してきました。
当時、絶対王者と言われたセーム・シュルトに土を付けたのもアーツ。
ファイトは勿論のこと、その熱いハートは表情にも現れ不思議と応援したくなる選手でした。

今回の試合にも見られたように「前に出る姿勢」というのは相手にプレッシャーを与える反面、カウンターという通常以上の強い攻撃を受けるリスクを伴います。
それでも攻め続けるアーツのファイトは、ファンへの想いに他なりません・・・。
彼は本物のプロでした・・・。

・・・。

リングを下りたアーツは、ランバージャックの衣装に身を包み退場していきました。
カメラに向かってファイティングポーズをとるアーツとボンヤスキー↓

resize0483.jpg


最後まで鳴り止まぬファンの声援に答えるアーツとボンヤスキー↓

resize0484.jpg

ハイキックで敵をなぎ倒し、コーナーにもたれながら見下ろしていたあの頃・・・。
そこからついた、「ランバージャック」(きこり)の異名・・・。
そんな彼が誰よりも深々と頭を下げ御辞儀したこの光景を、僕は一生忘れません・・・。


そして・・・。 ↓

resize0485.jpg

あなたの偉大な功績と、その大きな背中を、この日足を運んだファンは決して忘れることはないでしょう・・・。
今までの感動を、ありがとう・・・。
そして長い現役生活、お疲れ様でした・・・。









3話に渡り、お付き合い頂きありがとうございました。
かつて巻き起こった日本の格闘技ブーム・・・。
この記事で、その火付け役となった一人の漢の最後が少しでも読者の皆様に伝われば幸いです。

・・・。

次はアクアネタ書きます・・・。
では。





本日も閲覧ありがとうございます。よろしければ1クリックお願いします↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ




スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

追憶・・・。
新型スカウター
作者プロフィール

セージ

Author:セージ
伝説の暗殺術「アクア神拳」伝承者。
アクア神拳とは・・・。
水槽に癒されている敵を流木や石で攻撃し、体の外部から破壊する恐ろしき暗殺術である。

そして男は、今日も週間少年ジャンプを愛し続ける…。

検索フォーム
カテゴリー一覧
(古い順で記載)
最新コメント
LAYOUT 1 水槽 (L1水槽)  90x45x45
現タイトル ~樹海降誕~ resize0724.jpg 過去のタイトル1 ~FREEDOM~resize0164.jpg 過去のタイトル2 ~山姫の館~ resize0143.jpg
LAYOUT 2 水槽 (L2水槽)   45x28x30
現タイトル  ~高みから臨む風景~ resize0048_20161121235654511.jpg 過去のタイトル ~審判の刻~ resize0637.jpg
LAYOUT 3 水槽 (L3水槽)  60x45x45
タイトル ~神木下の隠し遺跡~ resize0038_201609111824205c2.jpg
亀水槽 45x28x30
resize0257.jpg
ルッチの部屋
resize0732.jpg
ロビンの部屋
resize0733.jpg
セージの作品集
resize0689.jpg うりちゃん(ラグドール) resize0681.jpg カメレオン・ロリカリア resize0606.jpg オスカー resize0605.jpg パロットファイヤー resize0609.jpg ピンポンパール resize0382.jpg ニャンコ resize0366.jpg アロワナ紅龍 resize0183.jpg 蝶尾パンダ resize0159.jpg ジャンボオランダシシガシラ resize0179.jpg 白熊 resize0380.jpg クーリーローチ resize0173.jpg AP・インカ50 resize0169.jpg ゼブラオトシン 画像 717 AP.メンデジィ                    resize0168.jpg AP・エリザベサエ resize0167.jpg ネオンタキシードグッピー resize0165.jpg AP・ホイグネイ resize0166.jpg CO・イミテーター resize0161.jpg AP・アガシジィ ファイヤーレッド resize0144.jpg 卯2011 resize0162.jpg 寅2010
ブロとも一覧

Original Zenius Plants,Aqua,Life

ボンの海水魚飼育ヨレヨレ日記

チョビぶろぐっ

Cross One ~俺の一匹~

アマゾン川では泳げない

コリと愉快な仲間たち

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

爬虫類・魚類、ときどき人類。

明日を語って鬼が笑う

戦士のズル休み

小さな巨人と、ささやかな出来事

ボチボチいきますわ絵日記

阿鼻叫喚 (あびきょうかん)
リンク先一覧
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。